ラックんの日記

ラックんの日記

自分に素直に生きる

日記

 

ガチで仕事をしていると

仕事中は気を張っている

からか眠くない

 

ところが明け番は食べるか

寝るかの過ごし方であまり

生産性を感じないがぼくの

仕事はお客様を安全に送る

事なのでやはり休養も大事

 

今日は土曜日なので外食せず

家で鉄板焼きをした

謎の和牛モモ肉は

脂っぽくそして硬い

 

やっぱサーロインかリブ

が旨いけど和牛はぼくら

にはくどく赤身が最高

 

若干もたれ気味の腹で

お好み焼をつまんだ

 

粉ものが得意な妻は

焼きそばまで作りだした

 

コンビニまでスイーツを

仕入れに行き食べた後

また夕方まで寝てしまった

 

今苫米地氏の本を読んでる

 

彼は色々と誤解を

生んでいる人のようだが

ぼくは彼の考え方が好きだ

 

ぼくは頭が良くないので

もしかしたら頭の良い彼

に洗脳されているのかも

しれない

 

彼はぼくらが日頃使うお金

に対して執着がない

 

お金で買えるもの

ブランド、マイホームや

お金そのものはメディアに

欲しいと思わされている

だけじゃないか?

 

それが彼の持論だから

 

続けて彼は言う

 

本当に人間が欲しい愛情

信頼・尊敬などは決して

お金では手に入らない

 

日本でお金が無くて餓死

することは決してない

 

お金を持っている人は皆

同じ事を言う

 

皆働かないと収入がなく

生きてけないと思い込ま

されているだけだと

 

そしてなによりお金より

時間を大切にしている

 

自ら足枷をかけその為に

毎朝辛い通勤をして生活

の為に会社へ向かう

 

そして辛いはずの通勤すら

人はコンフォートゾーンに

なってしまう

 

人は生まれてきて自分の

人生時間を持っている

 

もっと自分に素直に生きる

ことを人生のセンターピンに

すげるべきなんじゃないか

 

そうすれば自分の人生は

もっとバラ色に変わる

はずだとぼくは思う

 

どうもぼくは幼少期から

日本人特有の人と合わせる

ことが不得意でその為

世間的には天邪鬼だ

 

人と同じことをすること

は自分の人生にとって

果たして良いことなのか

 

しっかりと考えて行動

しないと貴重な時間が

勿体ないと思う

 

お金が大切と洗脳された

現代人は時間の貴重さを

忘れている気がする

 

会社経営をしてた頃は

自分が欲しいと思ったら

かなり色々買えていたが

 

ついぞ時間は買えなかった

お金で出来ることなんて

せいぜいその程度

 

その時は時間の大切さを

わかっていなかった

 

大分成長し人生折り返し

に入った今はわかる

 

本当に大切なのは自分の

為に使う時間ということ

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.