話題のチョコザップを斬る

日記

 

去年の1月くらい

 

初老に入り運動不足が懸念され

ジムに通おうと一念発起

 

今までウォーキングしたり水泳

したり運動はかかさなかった

 

きっかけはタクシーという仕事で

運動不足による肥満の心配

 

そのジムは3千円と破格でしかも

全国24時間行き放題という

 

すぐ入会した、使わないがエステや

ネイルもあるしゴルフレンジもある

 

何よりいいのが筋肉バカがおらず

皆自分のペースでのんびりできる事

 

20代のころガチのジムに行き

 

「夏前になるとニワカが増えんだよな」

とか聞こえる声でガチ勢にいじめられた

 

そんなトラウマもあったし

人見知りなぼくにはぴったり

 

通い始めて一年半

 

ハードルの低さからまだ続いている

 

最近はカラオケやランドリーなど

従来のジムとは一線を画す手法

 

ライザップの新しい試みでいて

ビジネスの王道を行く経営手法

 

ぼく自身はこの戦略を高く評価して

いるが世論は賛否両論のようだ

 

否定的な意見はシャワーがないこと

衛生的な問題が多いのが日本人ぽい

 

ぼくはチャイナにも住んでたし衛生面

でこれだけキレイなら文句はない

 

トイレも不快な思いをしたことない

 

シャワーも帰って浴びればいいだけ

 

何より旅先や夜間の緊急トイレ使用

これはユーザーには嬉しい特典

 

このジムに合う人は合うだろうし

ウチの近所は衛生的で会員の質も良い

 

アンチは風評だけで実際の会員は

多くないとぼくは予想している


3000円だし嫌なら止めるだけ

 

自分で試しもせず合う合わないを

決めずまずはやってみる

 

人は失敗でしか学ばないので

四の五の言わずまず動け

 

何もやらず文句ばかりたれる層が

生まれるのは情報化社会の弊害だ

 

ていうかまず選挙行けよ

 

主権者は政治家でなく国民

自分達の生活は自分達で向上しよう

no music no life

日記

 

不楽足ル

 

フラクタルと読む

 

フラクタルとは幾何学の概念

難しいので腹に落ちていない

 

そんな概念はどうでもよく

不楽足ルとはバンド名

 

アラキサンドロスの庄村氏が

プロデュースしたらしい

 

最近はリリースしていないが

2年前に出した曲

 

五月雨た空、忘れ去られた詩。

という曲が大好きでヘビロテ中

 

きっかけはなんかの映画

 

挿入歌で聴いた時深く感動した

のを覚えている

 

ぼくは基本的に一つのアーティストを

追いかけず琴線に触れた曲を選んで聴く

 

今の子みたいに歌詞に共感でなく

曲が響くかが重要な世代

 

洋楽で育った世代は多いかも?

 

この曲も歌詞の世界観は理解できず

 

曲の良さとサビのヴォーカルに

ガッツリとやられてしまった

 

なかなか面白いグループなので

そろそろ新曲を期待したいところ

 

ところでオフィシャルは最近新曲が

ないけどなにか有ったのかしら?

 

おもいのたけが同郷で同じ匂いが

するが短命で終わりそうな感じ

 

最近のヒットはtiktokからが

多いがネタ収集はトキオホット100

 

お気に入りはMagnetic!

 

気が付けば11時間寝てた

日記

 

義妹の子と義妹の孫が同じ誕生日

プレゼントを買いにパシオスへ

 

ついでに自分用のデニムを買った

 

昔は6万円のデニムを買っていた

今は2千円のデニムを買っている

 

やっぱ日本貧しくなってるわ

 

そのあと近所のイタリアンへ

 

今日の前菜は4種類

 

真鯛カルパッチョ

ワカサギのマリネ

ラタトゥイユ

ラックスハム

 

まぁよくあるイタリアンの前菜

特に感動もなくコメントは無い

 

暫くすると頼んでないエスカルゴ

 

では無くて帆立バターだった

 

関係無いがサイゼのエスカルゴは

普通に旨いしあの値段は立派

 

ここは生パスタがウリ

 

カルボナーラにしたが失敗

生クリーム仕立てのカルボナーラ

 

そしてグァンチャーレでなくベーコン

これイタリアンでやったら反則でしょ

 

ピザが一番マシだった

 

シチリアーナなんでチーズ無しだが

湿気の多い6月は生地が一番おいしい

 

案の定耳までモチモチで当たり

 

腹8分目で今日はミスドにした

 

たまに食べる小麦粉はおいしい

 

砂糖や小麦粉の常食は花粉症や

生理痛の原因になるので避けたい

 

小麦粉はなんとかなるが砂糖は

相変わらずやめれていない

 

砂糖だけはマジ最強のドラッグだわ

 

帰宅すると3月決算分の配当案内が数社

から届いて今日の出費分位は賄えた

 

配当収入は庶民のささやかな楽しみだね

モチモチ食感がいいね!

日記

 

米食ってる?

 

ウチは全粒粉パンと玄米を自炊の

主食としている

 

食の多様化で日本人は米を消費する

量が著しく減り米農家の廃業が目立つ

 

アメリカ小麦を売るために政府が

減反政策を行い結果ブランド化が進む

 

それでも米農家は利益が上がらず

やむなく離農している家は多いらしい

 

さらにアメリカの傀儡政府は税金で

水田を潰しにかかっている

 

食料自給率の低い日本の唯一の自給品

 

米すらも潰されようとしているけど

円安の物価高で米食を推奨したい

 

米や米粉を積極的に摂り入れると

グルテンフリーが見込まれる

 

この間米粉と無調整豆乳で

クリームシチューを作った

 

ある日は米粉で餃子を作った

 

今は米粉のパスタもあるし結構

工夫してバリエーションは増やせる

 

それに日本人大好きモチモチ食感で

新しい食の楽しさを体験できる

 

アメリカの施策で学校給食のパンに

慣らされているが日本人なら米食


このままだと米すらも輸入品に

頼る事になるかもしれない

 

健康のために

 

物価高対策に

 

そして米農家さんのために

 

今一度原点に帰り米を見直すのも

悪くない気がしている

 

 

 

 

 

 

資産を築きたい?

日記

 

ぼくが20代の頃

 

サラリーマンをやっていた時は

車やケータイでローンを組んでいた

 

当時は金利の概念とか無くとにかく

目の前の欲しい欲望に任せていた

 

会社を経営し利益が出始めると

ローンから遠ざかるようになった

 

そして今中卒のクセにそこそこの資産が

持てる身分までになることができた

 

よく住宅ローンを組む人がいるが

安易にローンを組むのは考え物だ

 

恐らく不動産屋の殆どは薄利の賃貸

よりも売買を優先すると思う

 

そして夢を見させ限りなくグレーな

トークでローンを組ませる

 

持ち家は資産というのは実は嘘だ

 

ローンの結構な額が利子となる

 

そして固定資産税・修繕費に加え

売却の時キャピタルロスが出る

 

これらを鑑みると賃貸の方が得

 

でも人の価値はさまざま

 

一生に一度の夢で長く住むならアリ

 

30から35年のローン中は負債で

それ以降資産となってくるからだ

 

そしてその頃には資産価値はほぼ無い

 

これらを十分に考えたうえで家の

購入を検討して欲しいと思う

 

これぐらいの知識は宅建を少し

かじれば業法で直ぐにわかる事

 

要するに無知は搾取されるのみ

 

もし資産を築きたいのなら家や

車・アイホンなどでローンを組むな

 

ローンは自分にお金を生まず

逆に自分の資産を削るだけ

 

持論だけどどうしても家が欲しいなら

都心の優良物件を買うことだろう

 

自分の住む家で地方の格安物件を

不動産屋に騙され買うのは避けたい

 

既にローンで家を買っていたら

ご自身の夢が叶ったと思い長く住む

 

まだ買ってないなら簡単に決めない

 

あくまで庶民の話だけどこれで

面白いほど純資産が増えるはず



 

 

初くら寿司はどんなもん?

日記

 

妻がくら寿司に行ってみたいと

いうので初のくら寿司訪問

 

どうやら無添加にこだわった

お寿司が食べられるとのこと

 

回転寿司にありがちなチープな

ビジュアルだが子供は喜ぶな

なんとお皿をスロットに入れると

カプセルトイが当たるシステム

 

味噌ラーメンを頼んだけどなんだか

イメージと違いおいしくないなぁ

 

この店は子供ターゲットなのだろう

この寿司だと大人はきついかなぁ💦

 

ということで寿司をシャリ小で10皿

ほどいただき早速豊富なスイーツへ

 

とりあえずケーキ4種とコーヒー

コーヒーは意外とおいしかったよ

 

画像は無いけど追加でパフェやら

わらび餅などの和スイーツも注文

 

全体的に満足でスイーツ多めは高評価

無添加みたいだし再訪はありと感じた

 

ちゃんとした鮨屋は別に行ってここは

エンタメを楽しみに来ようと思った

東京グルメ|鮨・来主|おまかせコース - KKday

 

 

それにしてもスシロー・はま寿司

くら寿司など回転寿司はすごいな

 

1万しないで寿司食ってスイーツまで

いけるなんて昔じゃ考えられない

 

衰退途上国になった日本で企業を

成り立たせるための努力は半端ない

 

 

可処分所得が下がっている庶民の

心をがっちり鷲掴みしているな

 

今の30代位の金のない親もここなら

安心して子供を連れてこられると感じた

 

タクシー事故報道加熱の真相

日記

 

ここのところタクシー関連の事故報道が

やたらと目立つように感じる


ぼくは運行管理という立場上毎日

多くの乗務員と関わっている

 

そして感じるのが交通量の多い

都市において事故は不可避な事

 

月に数件の事故は起きる

 

軽いものは自損による擦り傷や

急制動による乗客の軽傷など

 

重いものは歩行者との接触

自損による車の大破など

 

なにを言いたいかというと交通過密

ジャングルでは事故は必然

 

如何にプロと言えども毎日600km

走っている中で無事故は願望でもある

 

先日から一部施行されたライドシェア

 

恐らく受益者は全部解禁が望みだろう

 

その為一般人のタクシーに対する

イメージダウンのための報道と思う

 

日々起こっている事故を積極的に

報道すれば必然的にイメージは下がる

 

事故率が増えたわけでもなく日々の

事故を積極的に報道しているだけだ

 

事実会社にもクレームが入る

 

「お前らよりライドシェアのほうが

安心して乗っていられる」

 

「タクシーは運転がヘタクソ」

 

会社から厳しくしても如何なる方策を

講じてもだめな乗務員は一定数いる

 

こういう一部のプロ意識に欠ける

乗務員が批判の対象となるのだろう

 

ここで敢えて言わせてもらえるなら

我々もプロとしての誇りがある

 

そしてプロとしてどういう立ち位置で

お客様と接するかわきまえている

 

またそのための努力・改善を常に

欠かすことはないと断言できる

 

ライドシェアを手放しで賛成できない

のは多くが既得権益保護の為ではない

 

あくまでお客さまのことを考えた場合

 

道を知らなかった

交通違反をした

整備不良であった

 

一般のドライバーはやはりプロとは

違い担保されていない部分も多い

 

そのための道路運送車両法であり

道路運送法であると自負している

 

単純に偏向された報道のみで

ライドシェアに向くのはどうか?

 

敢えてプロとして疑問を投げかけ

たいとおもう

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.