ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

コロポックルの出店場所が決定

もともとぼくらはテイクアウトメインの

スープカレー店を開くにあたり

 

キーコンセプトは「細く長く」でした

 

毎年沢山の飲食店がオープンしますが

一年後に残っているのは15%という

 

大変厳しい業界であることは間違いなく

 

ぼくが検証に検証を重ねて業態変更もしながら

開店準備を進めている大きな所以です

 飲食店経営に失敗する理由を閉店経験者から学ぶ

 

よくある失敗例としては自身のある料理が

あってこれなら絶対流行るだろうと

 

自分発信の妄想の中でドンドンいい方向に

考えだし架空の客と売り上げをはじき

 

大いなる夢と希望をもってスタートします

 

ところがあまりに多い飲食店の中の一つ

に過ぎない自分の店など寄り付く人は少数です

 

新規のお客さんがリピーターとなる前に

ランニングコストがショートし廃業します

 

それを克服するには節約して地道に周知していき

一人一人リピーターを増やすしかありません

 

多いのが独立した手前つまらない見栄から

恰好いい店を作ってしまう失敗です

 

オープンに借金をして1000万円も

かけてしまうようなのが典型的です

 

自分のお店を持つからには理想があります

オシャレな雰囲気の中でいただくイタリアン!「マサ-ズ吉祥寺」、雰囲気を楽しむなら夜がおすすめです。 –  吉祥寺・杉並・中野・三鷹の不動産物件なら「殖産ベスト」

 

でも現実はそれほど甘くなくまずは見栄え

よりも周知されるまで潰れないことです

 

人気が出たら店が回らないとかで人を雇い

要らない人件費がかかってしまいます

 

確かに恰好いいし回りは凄いねとか多分

言ってくれるでしょう

 

でも凄いねは決して明日の自分を養って

くれる要素にはなりません

 

資金ショートにより廃業すると少数でも来て

くれていたファンすら裏切ることとなります

 

そんなことよりも一杯一杯のスープカレー

リピーターのお客さんに提供し続けること

 

そんな考え方をしていましたので店舗を探す

段階で駅前の一等地でなく住宅街の物件

 

そして住居が付いている物件に絞りました

 

賃料は10万までという難しい要望でして

 

案の定コロナ廃業が相次ぐ今でも少なく

すぐ決まってしまうし大変でした

 

そして今回の物件はとんかつ店を営んでいた

人が高齢で廃業した居抜き物件が出ました

 

すぐに内見したところ妻が厨房を気に入り早速

見積もりをとったところ100万以内でした

 

居抜き物件は居抜き会社へ譲渡委託料を払う

ようになっていて少し安くなるか交渉中です

 

初期投資は安いければ安いほど助かります

 

また厨房機器もすべては使えるとは思えません

 

中古で不足厨房機器を揃えても10万はかかる

ので10万値引きしてくれたら助かります

 

とにかく今保証会社の審査待ちですが

NGなら振りだしです

 

友人が不動産ネットワークにアクセス出来る

ことを知ったので同条件で探して貰っています

 

出店場所が決定したら資金計算のし直や

厨房機器の選択・クラファンページの仕上げ

 

そして引越に向けた準備や節税の勉強などなど

やることが途端に増えてきます

 

オープンするまのがゴールではないですが

まずはオープンまで集中していきます

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.