ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

多国籍資本に乗っ取られた日本

13日にとうとうコロナ特措法が可決されました

 

やたらと早い決定ですが、表向きの理由は

コロナ騒動向けの法案のような感じですが

 

今回の特措法はインフルエンザ等対策特別特措法

と同じで全く意味がありません

 

それになんでこんなに焦る必要があったのか?

 

 

安倍さん

 

というより安倍政権のバックに控えている

 

外資の悲願であり

 

彼らが日本を食い物にするには改憲が必要でその一部として

今回の特措法も含まれます

 

因みに特措法は時限立法であり

しかも簡単には発動しないと

ガースーはほざいていますが

 

一度可決されてしまえばどうなるか

 

わかりますよねぇ

 

まぁ考えられるのがTPPでも

挙げられた外資医薬品企業・保険企業

 

この辺がどう絡んでくるのか?

 

国がこの医薬品を使いなさい

と国民に命令することも可能になりました

 

ぼくらの自由が・権利が

 

蝕まれていっているのです

 

こんな大事な法案がさらっと決まって

しまうところに恐ろしさがあります

 

日本が外資に食い物にされている理由は

 

もし世界平均レベルで経済成長出来ていれば

大卒の初任給で40万もらえていても

おかしくないはずです

 

それがバブル時期からたったの5万円ほどしか

増えていないってことからみても

 

日本はもうオワコンなのはわかると思います

 

お笑いとワールドカップとワイドショーで

ぼくらの人権問題についても

 

考えることが出来なくなってしまって

いることすら気が付かなく

なっているんですね

 

はっきりいって日本の未来はまったく

明るくないです

 

そういう現実をわかっている人が

世の中にどれくらいいるのでしょうか?

 

特措法?

 

決まったの?知らなかった?

 

そんな呑気なこと言ってる場合じゃないですよ

 

奥さん!みのもんた風に)

 

f:id:baouthereal:20200314101515j:plain

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.