ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

炙っちゃいますよ!

とうとうトーチバーナー調達しました

 

がしかし取付方法がわからず苦戦しました

というより単純にガスの元栓をシッカリ閉めていなかったというオチだったのですが

説明書くらいしっかり読みましょう

 

 

今日はウチの母親が

 

世紀の大手術前の大事なお話

 

が先生から有るとのことで

東京港区は赤羽橋にある済生会中央病院

まで行ってまいりました

www.saichu.jp

 

 

 

赤羽橋は皆さんご存知のとおり東京タワー

があるところですが有名な地名ですと

麻布ですかね

 

麻布と言っても北海道にある麻布では

ありません分かっていると思いますが

 

日本は麻が取れるところがいたるところ

に有ったらしくいわゆる大麻と言われる

モノは今では薬物的な扱いになっていますがそれは麻科植物の大麻草で乾燥させたものをチューと吸います

 

有効成分としてはTHCと呼ばれるもので

これが脳の物質と結合すると幻覚作用や

多幸感をもたらします

 

古来日本では神の宿る神聖な植物として

扱われてきましたらしいです

 

まあ我が国に麻の付く地名が多いのも

納得というものです

 

 

話はもどりまして15年ぶりくらいに

母がここに入院したとき同病院を

訪問しましたがイメージに

あったそことは別物のように近代化

されており、多くの患者さんの

お布施によって立つパルテノン神殿の如く

その巨塔はそびえたっておりました

 

病院に着きちょっとあやしいなと思ったのがうちらがぞろぞろ行ってしまったこと

 

母からのラインで全員出席のような

ニュアンスだったのですがそんなことも

なく、逆に診察室に入るとき先生がびっくりしてました(笑)

 

 

先生は画像データなどを使いながら詳細に

説明をしてくれたのですが、現代医学の

進歩と医師がいかに学があるか思い知らされたのと、コンピュータによるテクノロジーが現代の高齢化を生んだのだと実感しました

 

 

そんなこんなでおばあちゃんになっても

きれいなボディでいたい見栄っ張りの

うちの母は出来るだけメスの痕を残したく

ないみたいだったのと、最近の医師は

絶対という言葉は使わず必ず確立何%と

いう話をするようコンプライアンス的に

定められているのに、後遺症が残るなら

殺してくれとかそれ無理ゲ~だから

 

年取ってくると平気でそういうこと

言い出すのですがウチの母は日ごろから

アキ子和田のようなところがあり

我の強さは天下一品略して天一ですので

今回の強制召集となってしまったわけです

 

会社休みたかったので良かったのですが

 

本来休まなくてよかったやん!

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.