ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

お尻ぺんぺんは体罰?

今朝モーニングCROSSが

始まるまで他の民放流して

いたのですが

 

来年の4月に改正児童虐待防止法

施行されるとのこと

 

いわゆる体罰に対する

ガイドラインを国が決める

ということで

 

国家権力の犬である

イヌエイチケーや

民放らはそろって

 

良い法案だ!

 

という街の声を集め

 

恣意的な報道でまたまた

国民を洗脳している

 

ニュースSHOWは

笑わせてもらいました

 

民放は基本免許制で

総務省の意に沿わない報道は

免許はく奪に繋がるので

 

放送局の上層部は慎重だし

上層部は総務省には逆らえず

 

ペーペーが

「違げーだろ!」

 

と思いながら拾ってきた

映像の中で

 

上がOK出そうなところだけ

切り貼りするわけです

 

もうそういうのいらないから

 

ネットが全てとは言いませんが

 

民の声をサーチすると

 

大体民放と真逆のことを

言っていることが多々ある

ことは珍しくありません

 

で、ずっと正座させたり

 

夕飯抜きとかサザエさん

 

「カツオ!おやつあげないわよ!」

 

とやると体罰です

 

あっけにとられたのが

他人のものを盗んだから

お尻を叩いたらだめ!

 

罰則規定こそないものの

 

これを肯定した

インタビューを流す

民放はもはや国の

犬でしかありませんな

 

子供のときに万引きは

窃盗罪という法律違反に

なると話して子供は

わかるでしょうか?

 

ぼくは子供というのは動物と

同じだと思っています

 

それは自分が子供だったから

よくわかるのです

 

なので、母には悪いこと

をすると鼻血が出るまで

ひっぱたかれたことや

(母は自分も泣きながら

ひっぱたいていた)

 

小学校の先生は樫の棒を

持っていて

 

例えばやることを

やっていなかったり

 

人としてやらかしたときは

 

風呂に浸かれないほど

お尻を叩かれました

 

でも花火大会の前に

その先生のウチに

友達と遊びに行き

 

留守するから流しの

下の缶詰適当に食べて

いいぞ~

 

と言われたので

 

座卓の上で缶詰を

空けたとき

 

座卓が傷つきましたが

先生は全く怒りませんでした

 

しつけと暴力は違います

 

誰だって叩きたくない

のにまっすぐに育って欲しい

 

という思いで叩いているのは

大人になった今なら

わかります

 

今の親御さん達を子供が

いないぼくが否定する

権利がないことを承知で

 

敢えて言いますが

 

子供をしつけられないのは

 

嫌われたくないから

 

という親の利己発想じゃ

ないかと思います

 

ぼくが居た中国では

増え続ける人口に対し

 

一人っ子政策というモノ

をやっていて

 

追加でもう一人

産むときは20000元(?)

かかったんです

 

ぼくの運転手は日本の価値で

60万円くらい貰っていた

 

高給取りだったので

二人目を産みましたが

 

田舎とか内緒で産んでる

のを除いたら

 

多くの庶民は1人で

 

生まれた子供は

「小皇帝」と言われ

 

 

 

日本のレベル以上に

猫っ可愛がりで

 

80后なんて揶揄され

わがまま放題のガキが

出来ましたとさ

 

そして少子化の影響で

人口のバランスが崩れ

 

結局一人っ子政策

廃止されるのですが

 

子供なんて甘やかすと

コミュニケーション能力が

 

欠如する可能性が有る典型です

 

それに子供のときは多少は

 

どれくらい叩かれたら

どれくらい痛いのか

 

そんなのを知ることも

教育じゃないかと思います

 

こういう発想しちゃうのが

もう老害なのかなぁ?

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.