ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

はなちゃんのみそ汁

昨日はハロウィンだったのですね

 

なにが楽しいのかぼくにはわかりませんが

渋谷は大盛り上がりみたいで

 

ああいう人種とは関わりたくないですね

 

誰かとつるむと個を消さなくては

ならないのでストレスが溜まります

 

パリピとかきっとそういうの疲れないで

むしろ楽しいんだろうな

 

 

パリピのぼくは昨日晩酌しながら

はなちゃんの味噌汁という

広末涼子が出ている映画を観ました

 

はなちゃんのみそ汁

はなちゃんのみそ汁

  • 発売日: 2016/06/02
  • メディア: Prime Video
 

 

 

知っている人はわかるはずですが

広末演じる知恵さんが乳がんとなります

 

妊娠すると女性ホルモンが活発になるので

乳がん患者は妊娠御法度らしいです

 

ところが一年後ご懐妊してハナという

女児を授かりました

 

病院ではマンモグラフィーだと思うのですが

あの検査自体インチキでアメリカでは禁止です

 

covidー19のPCR検査みたいに

なんら信憑性がない検査です

 

 

日本ではガンをでっちあげ手術・抗がん剤など

で患者からたっぷりお金を頂くわけです

 

不幸なのは何も知らず医者を信じ

 

乳房を失ったり辛い抗がん剤治療を

する患者たちです

 

また手術をするとガンが暴れ始め局所転移し

再発の可能性が高まります

 

そもそも抗がん剤マスタードガス

という毒ガス兵器がルーツです

 

ロックフェラー研究所というところが

この超猛毒を抗がん剤に変えました

 

そして患者に投与しガンを抑えます

 

抗がん剤に望みを託す患者はその副作用に

地獄の苦しみを味わいます

 

ドクターは抗がん剤でガンを治せないことは

みな知っていますが言わないだけです

 

厚労省で医師免許を持つ抗がん剤責任者自体

抗がん剤でガンは治りませんと断言しています

 

 

 

 

藁をもすがる思いで夫婦は山奥の伊藤さん

という人を訪ねます

 

この伊藤さんは開口一番

 

「今体温はどれくらいですか?」

 

と聞きます

 

知恵さんは35度台と答えるのですが

 

伊藤さんはこう言いました

 

「低いですねぇ」

 

 

ガン細胞は熱に弱く42℃で死滅します

 

よって伊藤先生の体温を上げ免疫力を

つけるというのは正解です

 

そして玄米と味噌汁中心の食生活にして

身体を正常に戻すという診療方針も正解です

 

これを一年ほど続けた知恵さんは病院の

検査で癌細胞が見事に消失していました

 

それなのにまた病院の再検査でガン細胞

が見つかり抗がん剤治療に逆戻りです

 

元々人体に備わっているNK細胞というガンを

殺してくれる細胞すら抗がん剤で死滅します

 

ですのでいったん消えたガン細胞も

再発リスクが高まります

 

がんは医療マフィアにとっておいしい商材です

 

治療をしてもしなくても余命は変わりません

手術や抗がん剤放射線は医者の為のものです

 

もし自分や身内がガンになったら苦しい思いを

させず余命を楽しく過ごしてください

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.