ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

タクシーだから見えるワクチン接種者の実情

タクシー乗務を始めて早500人

以上のお客様にご乗車頂き

 

沢山のお客様とお話をさせて

頂く中で報道では語られない

実態がどんどん浮彫に

なってきている

 

今も昔もお上そしてお上の

犬であるメディアは国民に

真実を語らず彼らが意図する

よう国民を操作するための

道具として利用されている

 

免許制となっているため

総務局には逆らえないので

仕方のないことでもある

 

そして世界中みてもメディア

を信用している国民の率が

高いのも日本の特徴だ

 

メディアは毎日今日の感染者

と報道しているがはっきり

いってぼくがご乗車頂いて

いるお客様からはあの報道

に意味を感じていると言われ

ている方は皆無だ

 

そして感染者に対しては

神経質なくらい過剰に報道

する反面ワクチンによる

被害は因果関係がないの

一言で殆ど報道されない

 

ところが実際はどうだろう

 

少なくともぼくの車にご乗車

頂いているお客様から聴くお話

では身体の変調が起きたり

失明したりお亡くなりに

なられた方もおられた

 

お亡くなりになられた方は

今まで全くなにも疾患らしい

ものは抱えていない健康体

だったにもかかわらずだ

 

そういうお話を話題にする

お客様だからなのかも知れ

ないけどかなりの頻度で

お話される方に会う

 

メディアで語られないけど

実態は結構ワクチンによる

被害は多いんじゃないか?

と勘ぐってしまう位多い

 

日本の製薬会社はなかなか

治験が通らず市販のウイルス

に遅れを取ったが海外は

政府のワープ計画に基づき

治験を通さず副反応ありき

で感染よりましだろうという

理屈でワクチンの拡散を

推し進めた

 

当然アメリカの犬である日本

は上得意なので大量購入し

そのツケがあの手この手の

国民へのワクチン推進策へと

繋がっている

 

実際海外の製薬会社との

コントラクトには副反応で

会社に訴訟は起こさない

という文言があるとも聞く

 

もうぼくら国民の知らない

ところで真実は何なのか

知る由もない

 

囁かな抵抗として出来るのは

自分達で納得できないもの

に手を出さない

 

そして納得して接種する人を

批判しないこと

 

ただぼくという小さな世界で

見る限りワクチンは政府や

政府の御用医師がいうほど

安全性は担保されていない

と思っている

 

 

全く関係ない話だが

明日から透析に通う常連の

お迎えに上がるが先日の

福岡旅行で茅乃舎の出汁を

買ってきたのでおみやげを

渡そうと思っている

 

透析患者へはどんな土産

ならお体に触らないのか

分からなかったので無難

にお出汁にしてみた

f:id:baouthereal:20220411161605j:plain



常連のお客様が喜んでくれる

ことを期待してお渡ししよう

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.