ラックんの日記

ラックんの日記

この世は既得権者だらけ

日記

 

先日出勤した時手が空いたので

YouTubeを視聴した

 


www.youtube.com

 

まあ全体的に言ってることは嘘でない

 

自分は首都圏だったので年収も手取り

700万は余裕で超えていた

 

 

中卒の低学歴でなんの取り柄もない

ただのおっさんには十分すぎる収入

だったと思う

 

ハッキリ言うと多くの人が思っている

 

タクシー業=最後に行きつく職場

 

そういうイメージをぼくも持っていた

 

なので過去職を点々としながらも

タクシーだけは選択肢から外れていた

 

実は人生で一度でいいからこの仕事を

したいと考えていたので50代になり

最後の仕事と業界に飛び込んだ

 

営業関係の仕事は長年やってきたので

接客に関してはイケると思っていた

 

売上は首都圏だと真面目にやれば

1千万円は超えられる

 

法人でもほとんど一人親方のような

感じなので勤務スタイルを自分で

自由にデザインできる

 

ぼくはやらなかったけどその日朝

だるかったら当日休むことも可能

 

早く帰るのもいつ休憩するのも

ひたすら稼ぐのも全て自分次第

 

こういう職場は自営以外ではほぼ

ないので本当にぼく向きだった

 

この仕事の良い所は良くも悪くも

ダイレクトにお客様の反応がわかる

ことだと思う

 

心から感謝された時は凄くうれしい

 

癖のある乗客でも降車後はすぐに

忘れて次に行くようにしていた

 

タクシー業は竹中氏の規制緩和

全体的に人手不足だし収入も以前より

少なくなったと言われている

 

ぼくは以前を知らないがそれほど

お金に困ることはなかった

 

そしてこの業界に入るまで抱いて

いた最後に行きつく仕事の印象も

実際に入って変わった

 

タクシー業は間口は広いけど

自由な分工夫をしないと収入増

にはつながらないということ

 

地方だと手取り月10万円台とか

これじゃ地方のタクシーが足りない

のは当たり前だと思う

 

A地点からB地点まで荷物を運ぶ

感覚で仕事をする乗務員もいる

 

特にじじい乗務員

 

バブル時代を引きずっている老害

 

でも今の乗務員は接客業という自覚

をもって安全第一でお客様の移動の

手助けをさせてもらうように変化

している

 

運輸業であるため安全運行には

とても厳しく対処している

 

人手不足をライドシェアで解消

しようとするが初めての道で安全に

客を快適にお送りするのは言うほど

簡単でないのを身をもって知った

 

業界団体が訴えているのはこのこと

で決して自分らで富を独占しよう

とかではないとぼくは信じたい

【既得権益】理学療法士の私も既得権益者。 | 姿勢改善講座

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.