ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

雨とか反対番最高か!

日記

 

明日から5月度に入る

4月度は5時点呼で最大

2時までの営業可能時間

だったがデータを見ると

5時台にミドルを引くこと

があってもトータルでは

無線回数が少ない

 

時折早朝のお客様から

朝は車が少なくてなかなか

捕まらないと言われる

 

最初はそういう薄い時間帯

こそぼくらが出勤する意味が

あると変な正義感を振り回し

ていたが売り効率を考えると

やはり割増明けの5時台出勤

は効率が悪い

 

しかもその効率の悪い1時間

の為夜の営業が1時間早いが

その1時間短い分夜のロング

を泣く泣く逃すということを

思うとやっぱり馬鹿にならない

 

なので5月度初日の土曜日は

6時点呼でMAX3時コース

で営業してみようと思う

 

この1時間のズレが正解か

それとも8時から5時が

良いのか色々と試してみて

一番売上が高いゾーンで

営業してみよう

 

 

ここのところガチの営業を

しているので明け番の重要性

がホント身に染みてわかる

 

朝は2時間ほどで目が覚め

朝食を摂るのだけど昼食明け

ユーチューブを見ながら

淹れたコーヒーを半分も

飲まずソファで寝ていた

 

バイトから戻った妻で

目が覚めたがガッツリ

2時間くらい寝ていた

 

目が覚めアマプラでこんな

作品を見た

 

 

 

相変わらずのハマっている

韓国映画なのだが実話で

とある町の名士が作った

聴覚障碍者向けの学校で

名士以下教員全員が

障害を持つ子供をレイプ

し、脱走した子供達に

酷い暴行を加えるという

見ていて辛い映画

 

実話だけに名士はあの手

この手で関係者たちを

篭絡し最後は執行猶予まで

持ち込み係争は今でも

続いているらしい

 

ドラマのような逆転勝訴的

な物も無く実話の歯がゆさ

だけが残りなんとも後味の

悪い結末だった

 

韓国映画ならではの暴力描写

が多く子供達の虐待シーンは

いたたまれず泣きそうだった

 

日本だとこういう社会派の

実話ベース映画は社会的に

抹殺されたりするが韓国は

エンタメの自由が担保され

ているのかえぐい物が多い

 

新聞記者

新聞記者

  • シム・ウンギョン
Amazon

松坂桃李が出た問題作

新聞記者は最初日本の

女優に出演オファーして

いたが事務所からNGが

出たので結局韓国の人気

女優沈恩敬が主演となる

 

そして単館でテレビ宣伝

も及び腰となりモデルの

月氏は異端児扱いされ

ひっそりと上映された

 

こういう対比を見る度

日本は言論の自由という

ものはないのだなと

嘆かわしくなる

 

こういうところもぼくが

韓国映画が好きな所以

ナノかも知れない

 

f:id:baouthereal:20220415183545p:plain

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.