ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

暗礁に乗り上げた物件探し

先日千葉の若葉区で物件が確定し住宅ローン

を申し込む真っ最中だったわけですが

 

各証明書を入手するのに役所へ奔走したり

在職証明のため会社へ依頼したり

 

住宅ローンてなかなか面倒だなと思いながら

粛々と準備を進めておりました

 

妻は過去にローンなどの借金をしたことが

無く基本的に欲しいものが有るときは

 

お金を貯めて買うようにしていたらしいです

 

本来購買意欲というのは買うまでがピークで

意欲を煽るために企業は八方手をつくします

 

そして資本主義に染まった現代では本来必要な

三大欲求以上の不必要なモノを買わせます

 

大方は各欲求を満たすためのもので実際無くて

も全く生活に困らないものが多数です

 

その困らないものを売り生計を立てる人が

居て世の中の経済はまわっています

 

昨今の若年層は大幅な収入減からそういう

物欲を大幅に抑えなくてはなりません

 

本来物欲を満たすことは楽しい行為なはずで

人生に潤いをもたらすことは間違いありません

 

ところがこの失われた30年は庶民から搾取

するという世の中の構造になっているため

 

多くの人々は現状に飼いならされている

というのが今の日本の状況であります

 

妻は借金をしないことで本当に欲しい物と

そうでないものの区別を無意識にしてました

 

世の中は信用創造によって成り立っている

のは間違いなく現物取引だけでしたら

 

恐らくこれほどの経済成長が起こることは

決してなかったはずです

 

話を戻しまして今回ぼくより一回り若い妻

の名義でローンを申し込みましたが

 

長期のローンに対し妻はあまり乗り気では

有りませんでした

 

よく長期ローンで家を購入する人は賃貸は

永遠に自分の物にならない

 

持ち家はいずれ自分の資産になる

と100%こう言います

 

持ち家賃貸はどちらもメリットデメリットが

あり双方は永遠に交わることはありません

 

個人的には何十年も先が読めなず自分の資産と

なった時には価値など無くなっているのに

 

よく大きな借金出来るなとは思いますので

家はローンで買うものでないのが持論です

 

今回はお金が生める物件だったので購入に

踏み切ったわけだったのですが

 

中古住宅でしたので築年数の古さ

から適合証明書が発行されません

 

住宅ローン申し込みのフラット35という

商品は適合証明書の提出が義務となります

 

もし適合証明書が無い場合は通常の銀行融資

となるのですがそれは以前仮審査でNGでした

 

フラット35と違いやはり現収入でみられる

のではないかと思っています

 

とんだところで暗礁に乗り上げ今は賃貸へ

シフトするしかないような状態です

 

正直妻は賃貸にシフトしたことを喜んでます

 

ぼくもそうですが何十年もローンを組む事は

抵抗があったので結果オーライです

 

安い物件を借りスタートは小さく小さく

 

そして少しずつお金を貯めてから物件購入

という方向に切り替えました

 

今のこの決断が後々良かったとなるよう

心から祈るばかりです

 フラット35とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.