ラックんの日記

ラックんの日記

コロナやGoToの裏で起きていること 

一回目のFTA交渉は自動車産業

守るかわりに農業を差し出しました

 

これにより日本の農業は大打撃を食らい

そのあとにコロナ禍です

 

特に酪農家はオワコンで

給食の牛乳がなくなったため


廃棄問題が出ました

 

GoToでなく農家対策が喫緊の課題です


日本には売国に携わっている

4つの組織がありまして

 

多国籍企業

経産省とそして子飼いの農水省

経団連有識者会議にメンバーを配置)

④最後に官邸

 (二階の業界利権を守ること)
 (アメリカからの指示(自公や維新))

 

これらがFTA交渉第二弾を

この春に行う予定でしたが

 

コロナがあったため延期されました

 

でも経済界とウォール街はもう待てないくらい
経済の大打撃を受けたため

 

去る6月17日 

 

米国通商代表部のライトハイザー氏が

米議会で米日FTA第二弾は数か月以内に
始まるだろうと証言しました

 

その一週間後くらいに日本では

パブリックコメントが始まりました


パブリックコメント詳細は昨日のブログにて)

 

 


実は6月24日にドイツバイエルのニュースが
あったのを覚えていますか?

 牧田みのる على تويتر: ">信じがたいことに、ラウンドアップの主成分 ...

同社はモンサントを買収しました


でもモンサントは昨日述べました

グリホサート農薬問題を抱えている企業でして

 

バイエルはおよそ1兆円にて

数多く抱えた訴訟の7割をおさめました

 

大変な出費ですが

この報道でバイエルの株価は

急速に下落したので

 

ウォール街の投資家たちは

 

「それだったらあまり世界情勢に

詳しくない国に売ればいいじゃないか💡」

 

と考えます

 

具体的にはバイエル敗訴のニュースが

あまり大々的にならないような国

 

ニュースと言えばコロナ一色の日本です

 

グリホサート農薬のラウンドアップ
国が認めた安全な除草剤という宣伝文句で

 

日本の農家さんや家庭菜園愛好家に大人気

 ご家庭で使える安心な除草剤|除草剤ならラウンドアップマックスロード

 

そして発がん性があるとかテレビで言うと
農薬工業会とバイオテクノロジー情報普及会
から苦情が入ります

 

このバイオテクノロジー情報普及会に
お金を出しているのは日本モンサント
日産化学・シンジェンタなど販売者側です

 

前述の政府が認めた安全性というのが
ポイントでしてこれを盾にテレビや雑誌で
扱われる度に謝罪と訂正文のくりかえし


なんといっても世界の流れよりもアメリ
を向くのが忠実な飼い犬の役割ですので


こういうとんちんかんなことになります

 

今やウォール街あたりで日本人は
世界情勢を知らない情弱人種という
スタンスで扱われています

 


このように日本はどんどん食い物にされ
日本人はどんどんやせ細って行くのです

 

コロナを警戒するのは悪いことでは
有りませんがそこばかりに目を向けて
いると知らない間に足元を掬われかねない


ということを肝に銘じて自営策を常に
準備していてください

 

特にパブリックコメント
しっかりチェックを入れてください

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTLIST&Mode=0#

 

 

食に関する事は近所の店に国産商品の仕入れを

お願いするとか役所に訴えるなど

 

個人でやれることはあります

 

こういう小さな行動が必ず芽を結ぶことは

実証済みなのでぼくが憶測で言ってません

 

国や他人は変えられませんが
自分自身は変えられます

 

愛する家族を守るためにも食の安全には

気を配って下さい

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.