ラックんの日記

ラックんの日記

いまいちど経済と見つめなおそうよ

昨日の話の続きみたいに

なっちゃうのですが

 

さっき会社の同僚と

こんな会話になりました

 

(ちなみにウチの部は

インセンティブ

発生します)

 

ぼく「これやっても喜ぶのは

  会社でうちらは変わらないんだよな」

 

同僚「そんなことないでしょ

   うちらもうれしいでしょ」

 

ぼく「それでもたかだか数万円でしょ?」

 

同僚「数万でもうれしいでしょ」

 

こんな感じでしたが、正直ぼくは

数万もらってうれしいといった彼の

時間にしたら数万稼ぐの大変だよ

というセリフを聴いて思わず

こう言っちゃいました

 

「僕にはその数万はそんなに価値ないんだよね

それって労働者の発想だよね?」

 

それ以上話すのは不毛なのでしません

でしたが、本当はこう言いたかった

のです

 

数万の実入りに一生懸命になるほど

お金ないんですか?

もし無いんだったらぼく貸しましょうか?

 

 

 

実は彼がお金をしこたま貯めているのも

知っています

 

彼はお金を貯めているのに

まだお金を貯めたいのです

銭ゲバですね(笑)

 

彼がお金を貯めるのは漠然と

した将来への不安です

 

何かあった時のために

 

というその一言のために

お金を使わずせこせこ

貯めています

 

なんのために貯金しているの?

 

彼は絶対にこう言うはずです

 

「将来のため、何かあった時のため」

 

こういう発想って不毛だと思います

なぜならばここは日本だからです

 

日本において雨風しのげて

食事をすることは、それを

放棄しなければ可能です

 

ていうか行政が、国民が

生活できるようにする義務が

有る限りそれは無理だと思います

 

日本では所謂こじき

現在においてみられません

 

ホームレスの人はポリシー

を持っているか知恵が

回らず日本人である権利を

上手に利用出来ていないだけです

 

みんなが貯金をしているのは

将来への漠然とした不安に

ほかなりません

 

そうしてみんなが貯金して

まだ銀行に貯金ならともかく

昨今の低金利のためにタンス預金

も増えているからお金が澱んで

しまっています

 

経済の大原則として誰かの使った

お金でどこかが潤い、またどこか

がどこかにお金を使うことで

他が潤うというサイクルの

繰り返しで世の中が回る

ように出来ています

 

そんな大原則が有るのに

お金を滞留させるとどうなる

でしょうか?

 

当然経済は回らず好景気など

一生訪れません

 

みんなが自分の手元にお金を

とどめておきたいのでアベノミクス

のトリクルダウンはおろか、個人消費

すらままならず、消費税10%と

なるとますます経済が回らなく

なるのではと危惧しています

 

とにかくお金を貯めておくのが

目的で貯金するのはまったく

ナンセンスなので目的をもって

貯金するかさもなくば世の中の

為にみんなが消費活動をするのが

適正な世の中になるための必須条件

だと思ってます

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.