ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

Z世代の時間概念

日記

 

一般的に我がタクシー業界は年明けから

2月にかけては閑散期といわれている

 

とくに成人の日を過ぎると一気に落ち込む

 

長距離を乗られるお客様は一定数

おられるわけだが少ない気がする

 

都内と違い田舎のタクシーは無線やアプリ

が命となってくるわけだが無線を拾えない

人は本当に1~2時間全く拾えずに無駄に

空車時間が増えていき結果収入が減ってくる

 

ぼくはいまのところ苦しくも実車の数量で

カバーしているので売上は激減していない

 

でも仲の良い同僚は動き方に問題があるのか

無線をあまり拾えずぼくの7割くらいらしい

 

当然売上も増えるわけもなくあげくクレーム

によって会社の上長からきつく指導を受けたり

仕事に対するモチベーションが落ちている

のも原因かと思っている

 

それにしても1月度はきついかもしれない

 

今月は旅行もしたので調整するために休み

を増やしたため平日出勤多めのシフトに

なってしまったのだが貴重な土曜日

 

夜の割増時間目一杯仕事しようと思い朝

は遅めに出勤して時間調整した

 

週末は客単価が高い為朝からトントンと

売上が出来ていたので今日もまあまあ

売上行くんじゃないかと期待していた

 

ところがその後アプリのお客様が多く

空車にするとアプリで配車を受ける

というなかなか忙しい状態だったわけ

だがとにかく単価が低かった

 

特に10代・20代の人は人の時間を

奪っているという概念が欠落している

 

若いうちは時間は無限と思うからだ

 

その為アプリだとこちらがどこを走り

あと何分で迎車地に到着するか見える

はずなのに到着地に着いても居ない

 

5分待っても出てこないなどざらだし

出てこないでキャンセルとかも普通

 

つうかキャンセルというか電話無視

 

タクシーにとってはたかが5分10分

と言えず別のお客様一人を乗せるくらい

のことは不可能ではない

 

こちらとしてはサクッとご乗車頂き最速

で送り届け次の仕事をしたいのが本音だ

 

客としては300円払ってるから待たせて

当然くらいに考えているかもしれない

 

10代20代にとっての300円は結構

小さくない額なのでそれだけ払っている

から待たせても全く罪悪感は無いのだろう

 

そして待たせた人ほど大体ワンメーター

長距離でも出たらと思うが若者で長距離

はほぼほぼありえない

 

ぼくらの中で売上をしっかり作っている

人は時間をものすごく大切に扱う

 

一回の乗務でぼくらに与えられた時間は

最長21時間だが会社の往復時間を入れ

ると20時間以内に抑えておくのが無難

 

その時間を寝るのに充ててもいいし食事

をしても競馬場に行くのも自由だ

 

でもその時間を細分化し効率よくお客様

にご乗車いただくことも問題ない

 

なので稼ぐ人にとって1分は本当に貴重

 

少なくともぼくはそういう観点で仕事を

しているのでいたずらに消費される時間

にはものすごく抵抗がある

【時間は有限】やりたいことがあるなら何を諦める?ダラダラ時間は無くして行こう。 | にゃんころぶろぐ

 

少々愚痴っぽくなったが今月は売上の

セルフノルマをリリースして気楽に

ドライブするくらいの気持ちで業務に

向かったほうがいいかもしれない

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.