ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

北の定期便

日記

 

もう30年以上前の話になる

 

日本がまだ経済大国だったころ

生活用品の生産拠点は韓国だった

 

このころ父は貿易会社を営み韓国

と取引をし工場へ委託していた

 

まだ少年だった実弟が韓国の焼肉

が食べたいと父の出張に同行した

 

今となっては懐かしい

 

時は流れ20年近く前

 

ぼくは父の会社で貿易を学び

その後独立したが、生産は既に

中国へとシフトしていた

 

安価な商品は更に人件費の安い

タイやラオスベトナムなどに

向いたみたいだがぼくの商材は

高単価で売れたので中国だった

 

そのうちに中国では携帯が普及し

工員が情報交換するようになり

工場から工場への大量移動があり

待遇の悪い工場はどんどん閉鎖

 

ぼくの会社が所有していた工場も

人件費の高騰で利益が出ない体質

になったため閉鎖し帰国した

 

その後の中国の躍進は目覚ましく

今や世界2位のGDPとなりいずれ

米国を抜くだろうと言われている

 

ぼくは東京へ戻り会社を売ったお金で

悠々自適な独身生活をしていた

 

そのうち北海道の母方の祖母が倒れ

胃ろうによる寝たきり老人なのを知り

北海道の祖父の家に転がり込む

 

祖父の家には独身の叔父が居て祖母の

面倒を見ていたが祖母は他界

そして叔父も病に倒れた

 

叔父の葬儀と祖母の遺産関係を全て

ぼくが法務局で手続きを行った

 

その後北海道で大したことない自営業

をだらだらやっていたが所詮地方都市

大したビジネスにもならなかった

 

その時知り合った妻と籍を入れた

ぼくが44歳のころだった

 

そんな経緯から妻の実家北海道の

義父から定期的に食料が送られる

 

北海道物産展が頻繁に行われる

くらい食材の宝庫でブランド化

している北海道

 

義父はぼくを息子のように扱い

遠く離れている娘を思い食材を

送ってくれている

 

先日彼女が帰省した時10万の

小遣いを握らせてくれたらしい

 

そんな義父からまたジンギスカン

定期便が送られてきた

 

関東の精肉店だと羊肉の購買層が

少ないのかバイヤーは積極的に

扱わずうちの近所も止める店が

増えてきたので困っていた

 

今回義父が送ってきたのはぼくの

好きなロールマトンとかねひろの

味付きラム肉の二つ

ニュージーランド産マトンロールスライス|仕入れなら業務用食材卸売市場Mマート

ジンギスカン 特上ラム 1kg

 

 

マトン(成羊)は幼少期よりも臭みが

減りクセがなくなったように感じる

 

かねひろのブラックレーベル(特上)

は相変わらず美味しくお気に入り

 

お義父さんいつもおいしいお肉を

送ってくれて本当にありがとう!

 

今日もおいしくいただきました

気まぐれで北海道に渡り今の妻

と知り合ったのがぼくの人生最大

のグッジョブです

 

ジンギスカンと一緒にこの幸せを

噛みしめています

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.