ラックんの日記

ラックんの日記

さらば相棒か?

日記

 

タクシー乗務員はお客様の

お身体に触れることがNG

 

理由は簡単で例えば障碍者

のお手伝いをして骨折や

お怪我をした場合のリスク

 

泥酔者の場合財布等が

無くなっていた場合盗難

疑惑を賭けられるリスク

 

などなど基本お客様のお身体

に触れることで被るリスクを

極力無くすためには元を絶つ

のが一番というのが理由だ

 

でも本音と建て前が存在して

いるので実際の業務では時に

理屈通りに行かない場合も

 

ケースバイケースでお身体に

触れることもしばしばある

 

けど若い女性の場合は別で

これはあらぬ嫌疑をかけられ

る元となるので絶対にNG

 

あくまでフレンドリーに

かつ爽やかに対応する

イメージ画像



 

でも酔いつぶれているおっさん

は容赦なく平手の連打をお見舞い

させて貰っている(脳内で)

 

実はぼくの相棒はセダンだった

のだけど最近JPNタクシーに

乗ってくれと言われている

セダンタクシー

JPNタクシー

 

オリンピックに向けて本場の

ロンドンを真似て普及させた

利権臭ぷんぷんのタクシーだ

 

タクシー業は割と高齢の乗務員

も多く、少ない年金の足しに

小遣い稼ぎをしている

 

ただ変化を好まないという

高齢者独特の観念があり

慣れたセダンで仕事をしたい

という要望もあるようだ

 

なので会社が全てJPNに

なったら転職すると言って

いる人は少なくない

 

そんなJPNタクシーだが

ぼく調べではお客様には

とても評判がいい

 

まず乗り降りがしやすい

 

タクシーの真ん中には

もっこりした部分があり

例えば奥の座席に乗る時

そこを跨ぐ必要がある

 

あれ高齢者には意外と面倒

な感じがするなと感じる時

が時々あったりする

 

ぼくの場合は様子を見て

反対側のドアを外から開け

こちらからお乗りください

と促すことで解消している

 

JPNの場合はフラットで

低床しかも屋根が高く身長

の低い高齢者だと立ったまま

乗り降り出来たりする

 

そしてキャビンの空間も広く

快適でお客様からの高評価も

納得できるところが多い

 

ところがぼく調べでは乗務員

の評価はそれほど高くない

 

まずハイブリッドなのでタンク

容量が少なく日に2回給油が

必要なので時間のロスが出る

 

そして車体の大きさから洗車の

時間がかかり面倒

 

後方視界が悪くセンサーも

あてにならないので結構怖い

 

そして車いすごとご乗車出来る

車ゆえご希望されるお客様が

居られる場合シートアレンジ

の必要があるがこれが面倒

 

何度か講習を受けたが滅多に

ないのですっかり忘れている

 

実際に遭遇したら時間かかり

結構な営業時間のロスとなる

そしてご乗車の時腰を痛める

東京モーターショー:車いす対応のJPNタクシー トヨタ | 毎日新聞

 

だから車いすのお客様でも

許可をもらいお身体を触れ

椅子に直接座って貰うという

ウルトラCを先輩はしている

 

ぼくもこのまま既成事実を

作られJPNになりそうだが

車いすごとのご乗車希望が

あったら直接座って貰おう

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.