ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

自分と向き合い過去を総括してみた

日記

 

ぼくは体力が落ちないように

休みの日は散歩をするように

している

 

だいたい6,70分くらい

で8000歩ほど歩く

 

この間はずっと独りなので

自分と向き合う時間に充て

ている

 

昨日の事故でぼくが一人立ち

をしてから3回目となる

 

1月のは設備に慣れない

のもあったが、3,4月

の分は焦りからくる通常

手順を飛ばした末起きた

必然的な事故だった

 

事故を起こすということ

は会社の大切な資産を

損傷するということと

 

お客様にご迷惑をおかけ

するということの2つの

側面がある

 

自分自身に降りかかる分

は自業自得としても実際

こうして多大な迷惑を

多方面におかけする損失

は計り知れない

 

今回の事故は仕事に慣れて

きたつもりになっていた

自分に対する警告であり

 

調子に乗っている自分が

もっと最悪な事態になる前

に軽微な自損事故で天が

教えてくれたのだと思う

 

慌てることで他への注意や

確認作業が疎かになること

は自損の可能性も上がるが

 

ドラレコの映像を自分で見る

限り車内で悪態をついてたり

 

狭い道でも歩行者脇を走行

する時も19kmくらいで

走っていたのでもっと速度を

落とすべきなんじゃないかとか

 

こういう精神状態は明らかに

お客様がお待ちになっている

ことによる焦りが影響して

 

今回は自損ですんだけど

ともすれば人身事故に

繋がる可能性を多分に

持ち合わせている運転と

見られても仕方のない

ものだった

 

ぼくがツイッターでフォローして

いる人はやはり乗務4か月目で

いみじくも同じ日に人身事故を

起こした

 

彼のツイートはある程度売上も

作れるようになってきてかなり

イケイケな感じだったがその

事故を起こした彼はしょげて

ツイッターも止めるとまで

言い出している

 

この3,4か月目は仕事にも

慣れ自信も付いてくる頃だが

タクシー乗務員としてはまだ

未熟もいいところで実際は

 

知らない道を常に気を張り

長距離走るという過酷な

業務の中で無事故を続ける

というプロに求められる

厳しさは4カ月やそこらで

会得出来るものでなく

 

研修期間に沢山の失敗を

重ね仕事に慣れていくこと

で無事故で正確なルートを

取れる真のプロドライバー

へ成長していくしかなく

 

一度や二度の失敗で凹んで

いる場合ではなくこの失敗

は自分が今後事故を起こさ

ない為の試練なのだと

前向きにとらえるしかない

 

指導員が言うにはぼくが

タクシー乗務員に向かない

のではなく

 

乗務員に向かない人は

コミュニケーションが

上手くとれない人

 

ぼくの場合接客には

全く問題なく売上も

平均以上作っている

ため全く適正は問題

ないということ

 

ぼくに足りないのは

焦った時平静を保つ

ことが出来ていない

ということ

 

今回ぼくはプロになる

ための試練と慢心に対し

 

今後もっと大きな事故を

起こす前の警告と前向き

に受取り

 

次からの乗務で更に

パワーアップして

業務に励もうと自分

に誓いを立てた

2,3年後に最初の頃は

失敗ばかりだったよなと

笑い話に出来るよう仕事

に励みたい

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.