ラックんの学びを共有するブログ

ラックんの学び ほんの息抜きです

今さらのYOASOBIネタ

昨年ブレイクしたユニットで紅白にも出場した

YOASOBIのTHE FIRST TAKEがあります

 

YOASOBIはコンポーザーのAyaseと

ヴォーカルの幾多りらことikuraのデュオ

 

f:id:baouthereal:20210303051403p:plain

monogatary.comというサイトに投稿された

小説を音楽にするプログラムが発端で

今は様々な小説から楽曲をリリースしています

 

初の楽曲「夜に駆ける」がブレイクのきっかけ

ですが原作はタナトスの誘惑という小説でした

 星野舞夜の画像-JapaneseClass.jp

Ayaseは元々ボカロで楽曲制作をしていて

インターフェイスやMIDIなどつながずPC

だけで作っているそうです

 

そしてYOASOBIは動画で活動していた

ikuraが歌うことを考え彼女にオファー

 

当然彼女のことは全く知らなかったのですが

こうして強力なタッグが生まれるのも

ネット社会のメリットであります

 

YOASOBIの曲を聴くとわかるのですが

ikuraが歌うことを前提に作られたとしか

考えられないくらい彼女にぴったりなのです

 

他の人が「歌ってみた」などで動画をあげて

いますがこれじゃない感がたっぷりなのです

 

そしてなぜ今更YOASOBIなのかですが

今THE FIRST TAKEという

 

YOUTUBEで380万人という登録者を

持つお化けチャンネルがあります

 

タイトルのとおり色々なミュージシャンの

一発撮りを収めたもので当然やり直し無し

 

なので緊張感やミュージシャンの凄さが

感じられるのが受け再生回数は9億回です


YOASOBI - 夜に駆ける / THE HOME TAKE


YOASOBI - 群青 / THE FIRST TAKE

 

YOASOBIはTHE FIRST TAKE

で2本の曲を出していますがどちらの動画も

 

ikuraの才能が良く表れています

 

そしてAyaseの作曲センスが上手く絡まり

大きなシナジー効果を生んでいて曲が生きます

 

正直MVを見た時ぼくは彼らの才能に気がつき

ませんでした

 

最近のボカロPは流行りすぎで皆同じアニメを

使った動画なので個性が分かりずらいのです

 

THE FIRST TAKEはその欠点を

見事にカバーしてくれるチャンネルでして

 

これに出演することでYOASOBIが

本当に才能の塊だということを認識しました

 

先日発表された群青ですがボカロ同様に正確な

キーの変化にブレなく対応できるikura

 

曲を聴いて感動したのは久しぶりでしたし

それくらい衝撃的でした

 

別にファンでなかったですが一気に引き込まれ

気が付いたら出ている全ての楽曲を聴いてます

 

今更ながらに彼らの才能に気がつきました

 

もしYOASOBIをあまり知らない方は

是非THE FIRST TAKEを見て

彼らの溢れる才能を体感してください

 

きっとその凄さに驚くはずです

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.