ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

選挙の大変さがわかります

実はぼくら夫婦がオープンを目指している

スープカレー店のお披露目を兼ねて

 

クラウドファンディングを立ち上げようと

ページと動画を作っていました

 

なにせ初めての経験ですしどうやったら

いいのか全く手探りな状態で作りました

 

クラウドファンディングの一つの要素として

応援していただいた支援者様に対しての

 

魅力的なリターンがあるのですが

まずリターン品を考えました

 

これがなかなか頭を痛めるところで凝った

ものはとても出来ませんし安くも出来ないし

 

凄く悩んだ末他のページなども参考にし

リターン品の準備に取り掛かりました

 

実際に無駄にならないように後々店舗でも

使えるようなものは先に発注しました

 

そしてページ作成に入りました

 

あらかた出来上がったところでやっぱり

物足りなさを感じ急遽動画の作成もしました

https://www.youtube.com/watch?v=Bxd2pua8CBk

 

そんな思いで推敲に推敲を重ねてようやく

完成したページをアップ前に見てもらおうと

 

廻りにクラウドファンディングをしている

人が多い友人(20代)に頼みました

 

結果としてはやっぱり倍生きてる人への遠慮で

言い方はマイルドですが全然ダメという回答

 

彼としてはこうやったらいいとか参考ページ

とかいろいろとアドバイスをくれたのですが

 

そのどれもが魅力的なページで確かに支援

したくなるような要素がわかりました

 

彼曰くこぎれいなページでなく応援したくなる

ような熱い思いが伝わるページ作りをすること

 

逆の立場ならわかると思うのですが何かを

やろうという熱い思いがあるけど

 

資金が足りずそれが成し遂げられないという

訴えが共感を呼ぶとのこと

 

なるほど確かにそう思うしそういう意味では

資金が足りていないわけでもなく

 

想いのぶつけ方が中途半端だったことに

自分を恥じる思いでした

 

彼の返答をみて感じたのが自分にはこれだけ

の熱量を出し切れるか?でした

 

人は本気になればそこにぶつける熱量は

半端ないですが資金不足でもないぼくは

 

まずは一度クラファンをやってみることで

感触がわかるだろうくらいのかまえでした

 

失敗したページを見るとやっぱりぼくレベルで

客観的に見ても支援者は少ないだろうと

 

彼のアドバイスを聴いた後なら実感します

 

実際にアップして失敗するのもいいですが

その前に彼が出したNGは支援者のそれでした

 

今後本当にクラファンを利用したいと思ったら

もう一度しっかりトライしようと思います

 

オープンまえのお披露目は普通にSNSなどで

強制でない支援のお願いを行おうと思います

 

ぼくのブログでも応援してくれた方には本当に

申し訳なく感じていますが今のぼくですと

 

とても応援してもらうレベルでないことが

わかりとっても恥ずかしく思っています

 

選挙中の候補者は自分の訴えを聞いてもらう

ためにものすごい熱量を使っていることが

今回のクラファン作成で良くわかりました 

 

当ブログでは進捗やコロポックルに対する

ぼくら夫婦の想いなどを綴っていきます

 

ご興味がありましたらこれからも応援を

よろしくお願いします🙇‍♂️

シケセン⑧

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.