ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

完全にアメリカの後を追っているはオワコン

遡ること4年前

 

アメリカでは大統領選が行われました

先のバラク・オバマ大統領が出てきたとき

 

初の黒人候補でハンサムな彼が放った

 

「チェンジ!」

 

この言葉はわかりやすく疲弊していた

米国民が期待するキラーワードでした

 

だが実際はどうでしたでしょうか?

 

オバマ政権は僅か1%の富める者たちの

為の傀儡政治だったわけです

 

これを踏まえ2016年に突如現れた

ドナルド・トランプ候補

 

迎え撃つは民主党から出た

ヒラリー・クリントン候補

 

彼女はビル・クリントンの妻ですが

トランプが自己資産で出馬したのに対し

 

ヒラリーは1%たち(ウォール街)の

支援を受け立候補

 

このとき日本ではトランプの派手な

パフォーマンスばかりクローズアップし

 

トランプ=粗暴な候補

 

こういうイメージを視聴者に植え付けました

2016年アメリカ合衆国大統領選挙 - Wikipedia

 

ではトランプ候補がアメリカファースト

 

と訴えた裏にはどういう意図があったのか?

 

その昔アメリカ言う国はいわゆる

アメリカンドリームというものが有りました

 

ところが1%に満たないスーパーリッチ層が

アメリカをコントロールしだし

 

格差社会が広がりました

 

トランプはこの1%から税金をとり

アメリカ国内を正常化する!

 

こう国民に訴えました

 

しかし全世界のマスコミの90%以上は

1%に満たない層が仕切っています

 

日本もそうですが

テレビを見ていた人達は

 

トランプはキチガイ

彼が当選したらアメリカはヤバい

 

誰しもそう思ったはずです

 

振り返って考えてみてください

 

なぜアメリカはTPPを

離脱したのでしょうか?

 

 

実はアメリカをなぞるように日本では

全く同じことが起きています

 

今回辞任表明した安倍首相は

 

任期の間に世界の富の8割を持つ

1%に満たない層が活動しやすいよう

 

日本国に十分すぎるほどの下地を

作ったわけです

 

それも芸能人のスピン報道などの

裏でこそこそとスピード採決しました

 

彼はスーパーリッチ層のペットでしか

ありませんでしたので

 

長期政権は誠に都合がいいわけです

 

安倍元首相によって作られた下地によって

今後はぼくらを取り巻く状況は間違いなく

 

もっとひどくなります

 

これは誰が総理になろうと同じです

例えば山本太郎がなっても変わりません

 

この国の主権はもうグローバリストに

握られているのです

 

トランプのようにしがらみを持たず

自己資金で立候補して

 

 

アメリカをもう一度取り戻すぜ!」

 

と言えるような強いリーダーが出てこない

限りは誰が総理になってもぼくらに

待っているのは地獄のような未来です

 

それだけに有名人の

 

「安倍さんお疲れ様」

 

的なコメントは本当に気持ち悪いのです

 

f:id:baouthereal:20200830101654p:plain


君たちは誰の飼い犬なの??

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.