ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

ほころび始めたバイデン陣営

アメリカ大統領選は大手メディアが勝手に

バイデン候補を大統領にしていますが

 

まだ正式に新大統領は決まっていません

 

それをトランプが諦めが悪いとか

メディアが決めることではなく

 

トランプ大統領は大統領らしく憲法

遵守して行動しているだけです

 

事実はバイデンvsトランプという

普通の大統領選と違いまして

 

バイデン側の後ろにちらつくDSや中共との
闘いでありアメリカの民主化を妨害する
クーデターに等しい戦いです

 

またアメリカの民主主義を共産主義から

守るための聖戦でもあり

 

大統領になるとかならないとかもはや

そういう小さい話では無くなってきています

 

トランプ氏は自身の政治生命をかけて

鉄の意志で共産主義と全力で戦っています

 

 

YOUTUBEにも映像がリークしていますが


バイデン側で不正票を水増ししていた
現場が監視カメラにばっちり映っていました

米大統領選挙】VA州での記者会見 WI州では新たな訴訟 - YouTube

 

トランプ陣営によると集計中に発生した

水道の水漏れというイベントを仕組み

 

わざと集計員を全員帰宅させ監視カメラの

映像を追ったところ4名だけ残り

 

テーブルの下に隠していたスーツケースの
不正投票用紙を集計中の箱に混ぜていました

 

一人は実名も上がり州知事も認めたそうです

 

どおりでトランプさんは自信満々だったわけです

 

 

さすがのCNNもこれは報道したようです

 

すでに中共に汚染されている彼らメディアが

勝手にバイデンが大統領確定と決め

 

 

大統領移行の時期の脆弱なときは911

再来を招きかねないと嘯いています

 

 

911自体がバイデンのバックDSが仕組んだ
偽旗作戦のテロショーにもかかわらず笑えます

 


そして潜入調査ジャーナリスト組織
プロジェクトヴェリタスというところが

 

 

CNNの二か月間の朝の会議内容を録音

オキーフ氏がCNNの社長にインタビュー

f:id:baouthereal:20201205100136p:plain



第一弾はCNN総裁のjeff zuckerらが


いかにしてトランプ陣営の主張する不正選挙を
抑圧するか打ち合わせをしていたという会話

 

 

プロジェクトヴェリタスはこれからじわじわと

バイデン側を追い詰める作戦のようです

 

 

そしてネバダ州で1440票の郵便投票を

サンプル調査したところ

 

なんと3%の票が不正票と判明しました

 

このうち2%票は一度も投票用紙を郵便で

受け取ったことのない有権者の票でした

 

残りの1%は全く投票しなかった

有権者の票でした

 

 

 

パウエル弁護士が ミシガン州を起訴した際に

 

提出した証拠の一部には「元米軍情報官」が

ドミニオン投票システムが中共などの

 

外国勢力によって米国選挙を不正操作するため

使用されていたと証言した宣誓供述書も含まれます

 

パウエルは既に国家反逆罪で起訴できる

軍事弁護士登録を済ませておりますので

 

裁判の成り行き次第ではとんでもなく大きな

訴訟になりそうです

 

そして締めはトランプ自身の最もだいじな演説

でしたが彼は言葉を濁し語っています

 

しかしバイデン陣営や関わる人達はトランプの

恐ろしさにビビっていることでしょう

 

ぼく自身トランプとかバイデンではなく

民主主義において不正はあってはいけない事

 

それにアメリカ大統領選に中共の思惑が

入ってくるのはおかしいですし

 

トランプ氏はあくまで大統領として憲法

尊重し行動しています

 

予想どおり今週に入り一気に風向きが

変わりトランプ優勢となりましたが

 

情けないのが日本の大手メディアです

 

アメリカのニュースをなぞるだけなら

素人でもYoutubeなどで発信できます

 

いづれにしても大手メディアの確定的報道と

違い実際はバイデン陣営尻に火がついています

 

 今回のアメリカ大統領選は後々「トランプ」

とかいうタイトルで映画化出来そうです!

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.