ラックんの日記

ラックんの日記

配偶者控除で節税できるかも

平成30年に施行されました

配偶者控除はご存知でしょうか?

 

どちらかというと高収入の方より

日々養育費や住宅ローンにあえいでいる

庶民向けの朗報なのですが

 

庶民の家庭で奥さんがパートなんかしていたら

 

103万円の壁

 

という言葉は聞いたことがあると思います

 

これが改正されましてまずはこちら

f:id:baouthereal:20200304061646p:plain

上の表は国税庁より添付したものですが

 

平たくいうと夫婦のどっちかが

201万5千円以下なら

 

配偶者の年収と一方の少ないほうの年収により

収入の多いほうが所得税より

 

1万円から38万円まで控除

 

が受けられるというものです

 

控除が受けられるかどうかは年末調整時に

会社から貰える源泉徴収票に書かれている

 

支払金額

 

を見ればわかります

 

ここが201万5999円以下なら

配偶者特別控除を適用できます

 

もっと確実なのは最寄りの税務署に電話です

 

幣家の場合

 

真っ先に節税できないかな?

と調べてしまいました

 

残念ながら夫婦ともども

201万円以上の収入があるため

節税対象外なのですが

 

 

税収が国民のために公正に使われていないので

本当に一円も払いたくありません

 

 

 

 

2009年の民主党マニュフェストで

 

配偶者制度を廃止→子供手当の財源

 

と言っていたのですが主婦層から

反対を食らうという意見のもと

 

保留案件からの安倍政権となり

現在も配偶者制度が続いています

 

また自民党内には相変わらず

このご時世になっても

 

女は家でも守ってろ

 

と考えている加齢臭ぷんぷんの

老獪議員が少なくなく配偶者控除撤廃は

夢物語でしょう

 

ですが、配偶者の年収が201万以下で

 

103万円だと思ってた!

 

なんていう人が居ましたら

コロナの影響で確定申告が

4月16日まで延長されています

 

E-TAXでしたら白色申告簡単です

 

是非節税してください

 

f:id:baouthereal:20200304071352j:plain

出典:https://restyle.tokyo/forbeginners/tax_saving.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.