ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

それぞれの旅立ち

今もし貧乏だなとか

もう少しお金が有ったらな

と感じているとしたら

 

それはもしかして雇用されて

いるからかもしれません

 

現在日本で一番搾取されて

体感的に貧しく感じる層は

総じてサラリーマンたちです

 

ほんの20年ほど前は

サラリーマンは安定して

親や廻りがもっとも安心

出来る職種だったのは間違いないです

 

 

ところが小泉氏が総理大臣に

なったあたりからだんだんと

雲行きが怪しくなってまいりました

 

それは政権が変わったところで

全く同じで、日本がどんどん

外国に食べられ始めていて

 

それを悟られないように

バラエティみたいな番組が

ドンドン増え

 

日本は世界に誇れる国

みたいな番組がまかり通り

 

B層はTVの広告にまんまと

乗っかり、思考を停止させて

しまっております

 

誇れるサラリーマンが毎日

通勤電車に揺られ、仕事が終わって

家に帰りTVや暇つぶしのゲーム

 

これの繰り返しですから思考停止感は

否めないはずです

 

よく常識を疑えといいますが

 

サラリーマン=安定

 

この構図は果たして正なのか?

 

ぼくはサラリーマンという職業が

実は一番不安定だと思っています

 

サラリーマンは毎月給料が振り込まれる

 

という妄想と自信はどこから来るのでしょうか?

 

雇用主の都合でいつでもやめてもらうように

出来る依存型の職業は本当に不安定

極まりないです

 

 

正直言って、ぼく、収入をコントロールされ

控除を自分で調整できないサラリーマンを

やっているときが一番貧しいです

 

 

わずかな生活費の為に大きな時間を割いて

労働力を提供するというのは生き方として

本当に正しいのか?

 

常に自問自答していくと結論は

 

自分の時間は全て投資に集約させよう

となるわけです

 

 

昨年6月に新卒の子とぼく

年末に中堅の子の三人が

意気投合しそれそれ未来に向け退職しました

 

そしてある程度時間が経ったところで近況を

聞こうと連絡をとりそれぞれの状況を聴きました

 

昨日中堅の子と話したら退職時に比べ成長しており

自ら動き出してから学習してきたのだと感じました

 

 

 

とにかくぼくらに共通しているのは

 

他人のために時間を使わないこと

 

具体的には会社とか所属先ですが

これは完全に経営者に時間を捧げている構図です

 

下品な言い方をすると売春婦(労働者)を金で

自由にしている客(資本家)と同じです

 

金が一番になるとこうなります

 

お金から解放されると人はそこから自由が始まります

 

ぼくらがお金と信じているものは数字の

羅列でしかありません

 

そんな心細いものに縛られ

自殺までする人がいるのです

 

自分の人生は自分だけのものですから

自分が望まない事に使うのは本当に勿体ないです

 

「生活出来ればいいじゃない」

 

日本はそれが出来る国です

 

ブランド品を持ったり

外車に乗ったり

家を建てたり

 

これらは誰に対する投資でしょうか?

 

自分への癒し?

 

頑張った自分へのご褒美?

 

とかいうのはその場しのぎであることは

自分が一番わかっているはずです

 

もっと自分を解放させて

心からハマれることに

時間を有意義に使ったらいいです

f:id:baouthereal:20200220083418p:plain

 

今ぼく自身第2領域の一環と思い

第3領域で資金稼ぎのため

サラリーマンをしておりますが

 

頭の固い初老オヤジは学校の洗脳教育の

弊害でサラリーマンという

源泉しか思い浮かばないので

 

近々新卒の子にアドバイスを貰おうと

アポを取りました

 

きっと僕より頭が柔らかく

僕より人脈を広げている子ですから

有意義な時間になるはずです

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.