ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

自分の人生は自分で作る

日記

 

日本の正規・非正規含めた労働者は

8割以上となっている

 

だいぶアントレプレナーも増えて

きたとはいってもまだまだ世の中

の一般的な考え方としてはどこか

へ就職し給料を貰うという考え方

 

こういう考え方が一般的になって

しまう背景は個人的に日教組

文科省ならび為政者らの思惑が

多分に絡んでいると思う

 

何せ納税という部分で労働者から

搾取するのにサラリーマンという

仕組みは都合が良いから学卒者は

就職するような教育を施す

 

それはさておきサラリーマンは

強制的に控除されるものがある

 

この控除される額がどんどんと

上がっていて増えない賃金に加え

可処分所得が減り続けることで

多くの国民が疲弊している

 

更にあちこちに張り巡らされた

税により収入の5割が国に搾取

されているがこれも将来6割に

なることさえありえる

 

国民がこんな状態で当然消費も

冷え込み企業は維持を図るため

労働者の収入まで及ばない

 

海外のように金利も上げられず

それにより続く円安地獄

 

こういう世の中でぼくらが出来る

対抗策としては支出を減らすこと

 

ぼくは小学校低学年まではそれほど

裕福ではないのに周りが金持ちの家

が多く同級生をウチに呼ぶのをウチ

の母は躊躇ったらしい

 

そんなウチの親父はサラリーマン

母は保険の外交員の一般家庭

 

ある日オヤジの会社が倒産したので

オヤジは物件を担保に銀行融資を

受け起業した

 

そして起業したあと久米ひろし

というキャスターがオヤジの商品

ニュースステーションで扱い

その翌日から連日電話ラッシュ

 

結果ウチは富裕層の仲間入り

 

時代が良かったのもあるだろうが

こういうオヤジの背中を見ていた

のでぼくは独立心が強かった

 

学生の時ロバートキヨサキの本

に出会いナポレオンヒルに影響

を受けまくった

 

サラリーマンという生き方は

ある目的のため腰掛けるなら

アリかも知れない

 

ただぼくは性格的に人に従うの

も苦手だし上っ面の人間関係も

得意ではない

 

これは銭金の問題ではなく一番

ストレスの元ととなることで

絶対に譲れない部分である

 

だから毎朝ドナドナ状態で通勤

ラッシュに揉まれながら生活の

為に仕事に向かう行為はきっと

ぼくには出来ないと思う

 

話は逸れたがそんなストレスが

溜まる働き方をして強制的に

控除される生き方は人生におき

全くメリットを感じない

 

やっぱり搾取される額は自分で

コントロールしたいよね

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.