ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

ぼくはあまのじゃく

もし劇場で震災があったときに

出口AとBがあったとき

 

みんなが出口Bから出ようと

すると自分もBから出ようと

するらしいです

 

日本人は単一民族の島国であり

農耕民族で定住スタイルのため

 

昔から異端児は生きられない

という社会でした

 

よく空気を読むといいますが

まさに空気こそが和です

 

サッカーワールドカップ

あるとみんなで盛り上がり

 

ラグビーがあるとみんなで

盛り上がり

 

ハロウィンで盛り上がり

 

要するに人と同じじゃなきゃ

ダメな人が多いのです

 

いわゆる流行というやつですが

 

インスタもタピオカも

とりあえず流行りに乗っからない

とダメみたいな空気に耐性が

無いのです

 

なので遅れている自分や外れている

自分にいたたまれなくなります

 

 

 

ぼくが若いときはテニスや

サーフィンが流行って

 

とにかくこの二つはみんな

やっていて丘サーファー

なんて言葉もありました

 

丘サーファーとはサーファー

でもないのにサーファーっぽく

している人達で

 

とりあえずサーファーはモテるので

流行に乗った感じです

 

そして私をスキーに連れてって

という映画のおかげでものすごい

スキーブームになりました

f:id:baouthereal:20191228103525j:plain

出典 https://ameblo.jp/mrrn-happo-one/entry-12290622538.html

 

これがスキーブームの頃です

今と全然違いますね

 

ぼくが20代のころはスノーサーフィン

という今ならスノボが出始めて

 

スキーをやっている横でスノボを

やる痛いやつらでした

 

ゲレンデで座ったりしているわけですから

スキーヤーには嫌がられます

 

まだスノーボーダーは市民権を

得ていなかったのです

 

思い起こせばぼくが本当に

小さかったころうちの母が言うには

 

父兄面談で先生に言われたのがこうです

 

当日は父兄参観なので音楽に

合わせてカスタネットをたたく

という演目が有ったらしいのですが

 

それまで一切練習せずあさって

を向いていたぼくが

 

本番になるとみなに合わせて

叩いていたそうです

 

そのもっと昔

うちの父は試験の前には勉強

している素振りを一切見せなかった

らしいです

 

そして試験では優秀な成績を収める

 

ぼくの天邪鬼伝説はまだまだ

沢山あるのですが

 

どうやらオヤジ譲りではないかと思う時が

あります

 

斜めに世の中を見ていてひねくれている

ため、Youtubeをやらず敢えてブログ

 

友達も少なくパリピではありません

 

あの広く浅くの人に合わせるような

軽薄な世界が馴染めません

 

あれ楽しいのでしょうか?

 

飲み会とか

 

自分のペースで乾杯

自分の好きなものを食べ

自分が腹いっぱいになったら

帰りたいって

 

みんな思わないのかなぁ?

 

やっぱりぼくが天邪鬼・・・かな?

f:id:baouthereal:20191228105121j:plain

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.