ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

とうとう銀行が行員ロボット化

先日Financial Newsにこんな記事が

ありました

 

ドイツの銀行は大幅な人員削減を

予定しており

 

その代わりとして行員の一部に

ロボットを活用するとのこと

 

 

単純に考えてAI化を進めて

いけば銀行の窓口業務はほぼ

こなせるのは当たり前で

 

日本の企業は無駄な雇用

を生んでいることは否めません

 

名の知れた大企業はもちろん

銀行も窓口などの行員は現状

 

非正規が多く、要するに

ペッパー君がもう少し高度

になればお役御免となるわけです

 

役所勤めの地方公務員なども

ペッパー君とかタッチパネル

で案内する人が一人居れば

 

大幅な人件費削減になりますし

 

土日祝日休、9時から5時とか

ふざけた役所都合の営業時間でなく

 

24時間対応も可能となり

 

結果として税金の効率的な

使い方として納税者からも

支持される世の中に変わること

は間違いありません

 

世の中がロボットだらけに

なったらぼくたちの仕事が

無くなってしまうのにどうやって

食べてくの?

 

 

落合陽一などは将来AI化が

進むことで人間が今より働かなく

ても済むと持論を述べています

 

その昔ローマ時代

 

力の有ったローマ帝国

沢山の奴隷(今ならAI)

を使い、一日中遊んでいました

 

だからテルマエロマエなのです

 

一般人はのんびりと風呂に入って

いたわけです

 

将来ロボットがぼくらの代わりに

働くようになると著しく生産性が

上がり、その結果全ての物価が

下がります

 

なので、会社から貰える賃金も

少ないですが、少ない賃金で

ゆとりのある生活が可能となります

 

今は黎明期ですので多くの人々が

実感がわかないでしょうが

 

イメージを膨らませてください

 

AIがベースとなるインフラ

ロボットがぼくらの代わりに

少しの電気代で24時間365日

働いてくれる世界です

f:id:baouthereal:20191227111531p:plain

ゼービングCEO

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.