ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

投票しないと変わりません...ヨ!

有権者のみなさん

映画「新聞記者」は観たでしょうか?

 

映画はノンフィクションですが

今日本で何が起こっているのか

事実が赤裸々に描かれています

 

過去を振り返ってみてください

第二次世界大戦時中、日本は

連日連戦連勝と放送していました

 

が、実際は当時日本の乏しい資源で

戦う余裕すらなく、アメリカは

降伏しない日本人に戦争を終わらせるため

原爆を投下しました

 

有名な神風特攻隊は基地外以外の

何物でもありません

 

20歳前後の今だったら成人式で

ウェイウェイPARARARA

やってるような坊ちゃんが

集団心理で

 

死なないことは恥

 

という状態まで精神的に追いやられ

自死したわけです

 

そんな負け戦に一般市民は

毎日聞かされる連戦連勝の放送で

 

鬼畜米英

 

なぞと嘯いて

女性は竹やりなんぞ持ち出し

 

これで戦闘機を突き落とす

と毎日訓練に励むわけです草草

 

そして金目のものはゼロ戦の原料として

国民は軍事費のためと貯金を推奨されます

 

これが今の日本の貯金信仰を産んだ原因です

 

 

ちょっと話がそれましたが

日本は戦時中から国民をだますのが得意です

 

映画新聞記者は

内閣官房と一新聞記者との闘いですが

 

内閣は国民は何も知らないほうが

バランスがとれるという考えのもと

 

ネットの自作自演とか余裕でやります

 


どうぶつの森ヤフーコメント欄はYARASE

 

この動画を見て

「こいつやばい奴だな!」

と思うそこのあなたこそ

 

映画新聞記者を観るべきです

 

なぜ映画「天気の子」のプロモーションは

たっぷり時間を割いてテレビで

やっているのに映画「新聞記者」の

プロモーションはやらないのでしょうか?

 

政府は観て欲しくないですよね?

 

ぼくはシネコンで上映したことだけでも

凄いと思います

 

こういうぼくらの日常に直接関わってる

ことを政府が情報統制して

 

余計なことは知らなくていい

 

イザとなっても我々は困らないから

というのが内閣の人達の発想です

 

映画の中にこんなセリフがあります

「この国の民主主義は形だけでいい」

 

こっち側に来たいのなら選挙に出て

上がってきなさて仲間になりなさい

 

とうのが本音で、トップから

その取り巻きの大臣衆は

国民のことなど考えてません

 

リップサービスと情報統制に

よる目くらましは国民も

だんだんと分かってきましたが

 

ネットの情報も国が操作しています

 

お隣の中国や北朝鮮のほうが一党独裁

おおっぴらにしているだけ正直かもしれません

 

民主主義とは名ばかりで実際は

何十年も情報統制されているのが日本です

 

繰り返し言いますが、有権者の皆さんは

参院選投票前に本作品を観てください

 

投票率が低いのが国が変わらない原因です

 

どうせどこ入れても一緒

 

で投票しないと既得権者ばかりが大きな顔を

する世の中になります

 

色々な党が切磋琢磨することで

国民の代理人としてより良い政治を目指さないと

廃業に追い込まれるよ!

 

くらいのプレッシャーをかけないと

ホント日本やばいですよ

 

 

それには海外のジャーナルも含め

情報の洪水に触れながら自分の軸を決め

大切な自分の一票を有効に使うことです

 

ガチで自分の一票で日本は変わります

他国がそれを証明しています

 

変わらないじゃなく、ぼくらが変えるんです

ぼくらの一票は強力な武器です

 

皆が投票すれば政権すらかえせます

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.