ラックんの日記

ラックんの日記

ゆたぼんはなぜアンチが多いか考えてみた

先日も幣ブログで話ました

若干10歳のユーチューバー

でおなじみのゆたぼん

 

精力的に講演なども行っているようで

こういう人たちが声を大きく

生きていけるような世の中へ

移っていく転換期だなあ

としみじみ思います

 

 

ゆたぼんについては賛否両論あり

実際ぼくの周りでもゆたぼんを

認めている人とゆたぼんを

認めない人ですと面白いように

カテゴライズされます

 

まずゆたぼん自身が言っている

ことは正論だと思うだけに

伝え方がもったいない気がします

 

本人はノイズは気にしないと

言っているのでそこに対しては

言及しないのだと思いますが

 

ゆたぼんを叩く人々は決まって

こういいます

 

・父に洗脳されているな

・叩いてるんじゃなくて

 救ってあげようとしている

 

・宿題をやらない理由として 

 学校へ行かないと言ってるだけで

 ただ逃げているだけだ

 

他にもいろいろありますが

いずれもゆたぼんの表面上

だけ見て勝手に意見している

としか思えません

 

ゆたぼんについては一部の

情報のみ見てそれで判断して

叩いている大人が多い気がします

 

 

ゆたぼんの主張はこうです

大人が学校へ行くべき

 

だから子供は学校へ行くではなく

学校へ行くことが死にたいくらい

ストレスになるなら学校以外の選択肢

もあるよ

 

実際ゆたぼん自身も学校は

行きたいときに行ってますし

サドベリースクールという形で

学んでいます

 

決して学ぶことから逃げて

いるわけではなく

 

皆が同じ時期に同じことを学ぶ

のではなくて

 

学びたいときに学びたいところで

学ぶのが正解で

 

苦痛を伴うなら自由になるべきだと言っています

 

彼はまだ少年ですから主張にも

当然未熟なところはあります

 

でも、彼はほとんどの子供が

大人が言うからそれに甘んじる

 

というのではなく、自分で考え自ら

行動することについては

 

賞賛こそすれ、批判するのは

まったくおかしな話だと思うのです

 

多くの大人が悪しき呪縛から抜けれず

 

それを正と信じ未来ある子供に

押し付けるのは赦せません

 

ほりえもんも彼が小学校のときに

スマホやネットがあったら

学校へは行ってなかったと

ツイートしています

 

そもそも何のための学校なのか

その存在意義を今一度見つめ直す

ときだと思います

 

全ての子供がもれなく学校教育で

洗脳されることが本当に将来

幸せといえるでしょうか?

 

ゆたぼんの将来は可愛そう

という人は本当にゆたぼんの

将来が可哀そうだと思って

いるのでしょうか?

 

自分が義務教育時代に洗脳され

その常識でごりごりに固まっているので

 

ゆたぼんのように洗脳されない

子供がうらやましくて

 

妬み節を言っているようにしか

見えません

 

恥ずかしいのでゆたぼんの生き方を

否定する大人は今すぐ改めましょう

 

ゆたぼんみたいな選択をせず

学校で過ごしてきて

 

自分の人生を振り返って本当に心の底から

幸せだと言えますか?

 

これがぼくがアンチゆだぼんに

伝えたいことです

 

人を否定するまえに自分を振り返り

ブラッシュアップしましょう

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.