ラックんの日記

ラックんの日記

ゆたぼん誹謗中傷に法的措置へ

びっくりしましたねぇ

 

昨日の晩ニュースで見たのですが

ゆたぼんが弁護士を通じ法的措置を取るとのこと

 

ゆたぼんをご存知の無い方のために少しだけ

 

ゆたぼんとは小学生のYOUTUBERですが

元々彼は通っていた小学校で

 

「なんでみんなで同じことやっているんだ

これじゃロボットと同じじゃないか?」

 

という素晴らしい疑問に気が付き

それから学校へは行きたいときに行く

 

というスタンスを貫いています

 

そしてYoutubeを通し不登校児の

手助けをしたり社会活動に力を入れています

 

ぼくは素直に大した子だなと思いました

 

そして少なくとも僕の周りでは

ゆたぼん肯定派です

 

ところがネット上では彼を批判する人多数

 

見ていると

 

こいつの将来終わったなとか

将来苦労するとか

親が親だから

 

とか言いたい放題です

 

ちょっとぼく的に虫唾が走る輩ですが

 

自分の狭い見識が世の中の全てだと錯覚する

大の大人が多いことに吐き気さえします

 

これはぼくの主観ですが

 

学校というところは将来何も考えず

税金を取られるのが普通だと思う人

 

こういう家畜を生産するところです

 

子供はいろいろな夢ややりたいことがあります

 

それを一つの鋳型に押し込み

同様の洗脳(教育)を行い

 

出荷(卒業)するときは

素直に企業に就職し所得から

 

黙って毎月控除されることに

 

なんら不満や疑問も抱かない

大人を生産するところが文科省プログラムです

 

 

 

ゆたぼんは親の思想が良かったのか

本人が気が付いたのか

 

まだ10歳で回りがロボットに見える

と言って学校から遠ざかりました

 

素晴らしいと思いませんか?

 

もし彼の事を学校から逃げたやつと思ったら

あなたは完全に洗脳されていますよ

 

冷静に考えてください

 

人は裸で生まれてきたときから

 

自分が好きなように生きてゆく権利を

持っています

 

親の保護下においても違法でなければ

自由に生きていいはずです

 

義務教育だから学校へ行かないのはだめだ

とか言う人がいますが義務教育の概念を

誤解しています

 

義務教育というのは国民が教育を受ける義務

として親が学校へ行かせる義務というのが正解です

 

要するに小・中までは親が子供にバイトとか

させず学校へ行かせなさいというものです

 

なので子供が学校へ行きたくないと言っても

全く問題ないのです

 

むしろ子供は学校に行かない権利が有ります

 

日本はいちおう自由民主主義国家ですよ

 

 

なんか勘違いしている大人が多いですが

完全に鋳型の中で成型されちゃった末路ですね

 

こういう大人達がゆたぼんに罵詈雑言を

浴びせているのでしょうが

 

残念ながらゆたぼんの方が大人でしたね

 

普通の子供なら言霊の力で

メンタルやられています

 

やっぱりゆたぼんは大したもんだと思います

 

風花ちゃんの勝訴判例もありますので

ゆたぼんも勝訴する可能性は高いですね💛

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.