ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

おばあちゃんこける

昨日都内某所の物件を見に

不動産屋を訪れました

 

お天気もよく絶好のお出かけ日和

 

しかもゴールデンウィーク明け

一日目なので街はガラガラ

 

とっても快適でした☀

 

さてさて不動産屋に行き

内覧をしてから戻ると

 

横に居た妻が

 

「おばあちゃんが消えた!」

 

というので見ると

おばあちゃん倒れて動かなく

なっています

 

あわてて近づいてみるとどうやら

転んで顔面から地面に落ちた模様

 

出血もしており歯も

一本折っているとのこと

 

とりあえず楽な姿勢をとり

不動産屋さんに119してもらい

救急車来るまで救護していました

 

 

ここは明治通りの横断歩道がある

ところで不動産屋の人のお話によると

 

救急車を呼んだのは2回目だそうです

 

明治通りは本当に横断歩道の信号待ちが

長く、渡るのに焦ってしまい転んだ

のだと思われます

 

長い信号待つより無理して渡りたく

なる気持ちはよくわかります

 

おばあちゃんはきっと慌てていて

足がもつれ倒れたんだと思います

 

ぼくもなんとなく想像できるのですが

年をとると自分が思っているほど

身体が動かなくなっています

 

そしてタチが悪いのが気持ちだけは

若い時のままということ

 

なので気持ちは行けると思っていて

身体が追いていかないという

 

ギャップが出ます

 

これが今回の事故を産んだのだと

思います

 

このように年を取ると自分の思うような

反応をとれなくなっていますので

 

歩いてコケルとかならまだ自分だけで

済みますが

 

自動車を運転していると

他人の人生すら奪ったりします

 

このギャップのズレを自覚せず車を

日常的に使用するのは狂気としか

言いようがありません

 

そんな悲しい事故を産んでしまったのが

先日池袋で起きました飯塚幸三による

 

殺人事件です

 

実際は事故ということになるのでしょうが

身体の不自由を自覚しながら運転して

いたということですのでこれは立派な

殺人罪だとぼくは思っています

 

そして飯塚幸三については令和になった

とたんマスコミはピタッと報道をやめ

 

その後の詳細はまったく闇の中

 

となりました

 

ぼくは彼が殺人事件を犯したときに

最初から、これはうやむやになるなと

言っておりましたが思ったとおりです

 

本日ネットだけで共同通信が記事に

していたのですが

 

飯塚幸三がアクセルを踏み間違い

をした可能性があるとか

 

家宅捜索したとか

 

アクセルの踏み間違いは

最初からわかっていたことで

家宅捜索もなんの意味があるのか?

 

ぼくは事故を起こして一か月近く

経っても鎮火しないネットの火消し

にかかるためにおざなりの捜査を

しているようにしか見えません

 

入院していても意識はあるでしょう

事情聴取出来ないとか本当?

 

組織は下手打ち過ぎました

 

どういうふうに国民を納得させるのか

ぼくは今後も見守りたいと思います

 

でもとりあえず人として

遺族にお詫びぐらいするよね?

 

f:id:baouthereal:20190508155131j:plain

出典:Abema news https://abema.tv/now-on-air/abema-news

 



 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.