ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

まずは行動から

人は初めてのことに挑むときって

恐怖からくるイリュージョンに

悩まされます

 

この恐怖という現象は子供には

ありませせん

 

どちらも同じ未体験に対し挑むこと

には変わらないのに大人になると

恐怖心を抱くようになります

 

ぼくはこの現象に対して思うのですが

 

子供の時にできたのは

頭で考えずまずやってみたからです

 

きっと人は元々未知のことに対しチャレンジして

 

始めてのことなので当然失敗して

そしてまたチャレンジして

 

いつしか体得していきます

 

 

 

人は行動することでしか成長しません

失敗からしかなにも学べません

 

それが成長する過程において

大人たちからこう言われるのです

 

そんなこと無理無理、失敗するから

あなたは賢く生きなさい

 

大人のいう賢いは小利口なことですか?

 

半世紀も生きているぼくが言っちゃいますが

こういうことをいう大人は世間では

「青い」とか「甘ちゃん」とか

「世間知らず」とかネガティブに表現します

 

小利口に生きること=世の中に迎合すること

みたいな風潮がありますが、表面を取り繕い

敵を作らずにバランスを保つのが大人ならば

大変窮屈な世の中ですね

 

ぼくみたいな人間を日本では

アスペルガーと呼ぶのかもしれません

 

まず先の先まで色々考えてないで

まず一歩踏み出し修正しながら進む

 

工業製品で日本が

中国あたりにやられているのは

 

とにかく先の先まで考えて

リリースしないのが元凶だと

思っています

 

まずは出してみて、だめなら

修正してまたリリース

 

このPDCAサイクルができて

進歩が生まれるのだと思います

 

かつての日本は失うものが

無かった分失敗を恐れず

どんどん行動していました

 

結果高度経済成長期もあいまって

景気はどんどん上向きました

 

今教育のせいか、失敗をおそれ

チャレンジする人が減ったのか

 

これでは日本の景気が良くなる

はずもなく

 

現状維持は衰退でしかありません

 

少子高齢化に伴い遠くない将来

三流先進国になり下がる要素

100%なのに

 

メディアではその辺つつかないので

お気楽なもんです

 

箕輪氏が言う

死ぬこと以外はかすり傷

はその通りで

 

行動しない理由の

恐怖によるイリュージョンで

実際に死ぬことはありません

 

だからイリュージョンなのです

 

凄いことを考えないで

自分が出来そうなことから

始めてみればいいのです

 

ぼくが今行動しているのは

目の前の小さな目標をたて

 

その目標はクリアできる

イメージを持てるからです

 

大きな目標はかならず挫折します

 

まずは小さな達成可能な

しょぼい目標を立て

 

実績を積み重ねることです

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.