ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

ウチはエンゲル係数が高い

今日久々に家の予算会議をしたのですが

ウチは夫婦とも似た者同士なのでいわゆる

世間で言われる底辺の家庭になります

 

なので、通常食費はまとめ買いして冷凍

したり、冷蔵庫の中の整理を定期的に

行ったりして4万円くらいにおさめるべきなので

しょうが、ぼくら二人は食べることが趣味なので

外食と食材には金をかけます

 

普通の家庭はおそらく住宅ローン・教育費

車の維持費・旅行費含める娯楽費・通信費

服飾費などが優先され、食費は切り詰めて

行くのでしょうけど、うちはそれらは後回しで

まず食べることが優先されます

ですので改善まえで50%前後!

f:id:baouthereal:20181114173844j:plain

 

そこで、食費以外のところを見直すようにしました

それで現状37%くらいまで落ちました

恐らく年明けにはもう少し落ちると思います

 

 だがしかしうちはエンゲル係数が高いです

まぁ趣味のお金と思えばエンゲル係数ではなります

 

 

 

 

 

ドニーイェンという中国のアクションスターが

居てぼくが好きな俳優の一人で、

おそらく日本での知名度

低いと思いますが中国では超有名俳優です

f:id:baouthereal:20181114172209j:plain

※顔を見たことある人も多いのでは?

 

 

彼はカンフーを駆使した映画が多いのですが

カンフーの腕前はかなりのレベルで

なぜ日本で人気が出ないのか不思議です

 

と言ってもぼくも彼を初めて知ったのは

2008年のイップマン序章からで

このお話はあのブルースリーの師匠の

葉問(イップマン)が中国広東省佛山から

香港に出てきて道場を開くところから始まります

 

ぼく自身ジャッキーやユンピョウより

ブルースリーのファンで、小学生のとき

ブルースリーが死んだニュースを見て

大泣きしたくらいのヒーローだったのです

 

そのブルースリーが学んだジークンドー

伝承したのが葉問で彼は武術の師匠にふさわしい

人格者で、ドニーイェンが

そんな彼をうまく演技していました

イップマンの最後に子供のブルースリー

彼の道場を訪ねるシーンでくすりと笑いました

f:id:baouthereal:20181114174226j:plain

 

ドニーイェンをこの映画で好きになり

他の作品も見ましたが全くイメージが違うので

びっくりしました

 

その後葉問は大ヒットを飛ばし、

シリーズ化するのです

ちなみに葉問には池内博之とか

サモハンキンポーも出演しています

 

そんな葉問も四作目が出来たらしく

日本での公開が待ち遠しいです

 

日本では単館上映しかやっていないので

多くの人がこの名作を知らないのだと思います

今日本でカンフー映画

かつてのブームはないですからね

 

とにかくドニーイェンは技を繰り出すのが速いので

是非映像で見てもらいたいです

 

カンフー俳優も最近はアクションものばかりなので

またカンフーブームが来ないかとひそかに思っています

 

ドニーイェンかっこいい💛

久しぶりにイップマンみようかな

movie.maeda-y.com

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.