ラックんの学びを共有するブログ

ラックんの学び ほんの息抜きです

妻が戻ってきた!

日記(学習11時間)

 

今日は妻が帰ってきた

3日ぶりなのでうれしい

 

いつも一緒にいるのでやっぱり

一人の自由さもあるが妻がいないと

物足りなさのほうが大きい

 

なんだかんだで結婚してから9年目に

入るが子供も居ないのでまあ仲良く

やっているほうだと思う

 

子供がいると大体そっちに集中して

本人通しより子供!みたいになるので

ぼくはあまり賛成できない

 

そもそも子供はまだ生を受けておらず

愛情もなにもないけれど妻は現存しており

やはりそちらに比重を置くのは自然なこと

だと思うし大体が子供は親のエゴの産物

 

親に孫の顔を見せたいとか赤ちゃんは可愛い

とかよくわからない一過性の感情論で子供を

作る人が殆どだと思うがそういうメンタルは

20台とかの未成熟な頃ならともかくうちは

いい加減熟年なので回りを見たり自分の体力

的なことを鑑みるとやはり子供は負債でしか

なく子持ちの人は資産と感じていることに

対しても否定的な思想は全く有していない

 

負け惜しみでなく親も子も心から幸せなのか

と感じる時がある

 

子供を持ったら意識が変わる?

 

確かにそう思うが子供が居なければ意識も

変わらず子供の居る人のような感情も

湧かないのでその理屈は通らない

 

独身を謳歌している人に結婚はいいぞ

というのと同じくらいナンセンス

 

要するに人は人自分は自分ということ

 

ウチは妻と二人いつまでも楽しく生きて

いけているのだから子供の居るウチより

贅沢出来ているし少ない所得でも全然

お金がないとも感じたことはなく

これはこれでハッピーなんだと思う

 

ちょっと長くなってしまったが

とりあえずこれくらいしよう

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.