ラックんの学びを共有するブログ

ラックんの学び ほんの息抜きです

日本は優秀なお客様

現在表向きバイデン政権となっていますが

 

CCPの脅威や言論を支配するビックテック

の暴走でアメリカはサイバー戦争の渦中です

 

この状態は日本や多くの国もそうなることを

暗示しているのです

 

世の中のデジタル化が加速するほど嘘報道の

陰で起きている現実を見極めなくてはダメです

 

ショック・ドクトリンの最中で菅政権の

ブレーンがデービッド・アトキンソンなこと

 

彼はDSであるゴールドマン・サックス

共同経営パートナーだったのです

 

日本政府に対し日本の優秀な中小企業を

生産性が低いと言い数を減らせと言ってます

 

そして彼の助言通り成長戦略実行計画を

閣議決定してしまったわけです

 

彼の目的は日本の中小企業を守っていた

中小企業法を廃止することです

 

これにより疲弊した日本の優秀な中小企業は

M&Aの結果ウォール街に巨額の金が流れます

 

このようにDSによってアメリカ合衆国

今や金が飛び交う(株)アメリカになりました

 

f:id:baouthereal:20210219170052p:plain

(株)アメリカ社旗  出典:https://www.theodysseyonline.com/the-american-consumerism 

これに対し異論を唱えたのがロビイ活動に

なびかないトランプ氏で国民は目覚めました

 

結果2006年で彼は大統領に就任したのです

 

これはDSサイドにとっては面白くありません

 

不正をしてでも全力で潰しにかかったのが

今回の大統領選の真相だったわけですが

 

そのウォール街は日本はとっても大事なお客様

と言ってはばかりません

 

ではこの大事なお客様とは誰なのか?

 

ゆうちょ・農林中金年金事務所・SB 

この4つにほかなりません

 

ゆうちょは民営化の時点で340兆という

莫大な預金を保有していました

 

DSはゆうちょを民営化し市場開放を

狙っていて竹中氏を窓口にしたわけです

 

小泉パフォーマンスに浮かれるB層は

アメリカの要請が裏に有ったのは知りません

 

いつものようにマスコミは報道しない自由

を行使して国民には知らせません

 

心ある議員により一度は否決された法案で

したが小泉氏が頑張ったので民営化されました

 

従来のゆうちょは国債で国民の貯金を運用して

いましたが今やリスク商品に投資しています

 

そして息子のセクシー進次郎は農協の年金を

農協改革により海外に売り渡そうとしています

 

ぼくらが年金支給されないのは少子化が主な

原因でなくウォール街にお金が流れているから

 

GPIFがやっている海外主導の投資は正気

の沙汰ではありません

 

本来は国民がもっと怒ってもいいはずですが

DS傘下のメディアは報道しない自由を使い

 

国民には全く真実を語る気はありません

 

主要部の連中は鼻薬か弱みでも握られて

国民の利益より自分の利益となっています

 

ぼくら搾取される側としてはこうした陰謀から

出来るだけ搾取されない抜け道を調べながら

 

都度防御することはできないことではないです

 

まずは自己防御するために社会をとりまく

雰囲気に騙されないことなのです

 

そうすることで自己防衛の術とどの人を

国政に出すべきなのかがわかります

 

まだまだ目覚めている人は多くありません

現状を貧しいと思わないよう洗脳されてます

 

それでも数%の人は気が付いています

 

小さなムーブメントが大きな波になれば

きっとぼくたちは貧しさから抜けれます

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.