ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

コロナ禍の違和感は戦時中と同じ

 

はだしのゲンというお話があります

 

去年からの疫病によっていつの間にか

マスクをすることが国のスタンダードに

なっていることに気が付いていますか?

 

誰が強制したわけではありません

 

政府はただただお願いをしていただけです

 

ぼくは以前政府が強制しなくても日本は

同調圧力で半強制となると言いました

 

まさに今現実として起こっていることで

次はワクチン接種がターゲットになります

 

現行法ではワクチン接種は強制できません

 

ところが政府がマスクのような手法を使い

ワクチン未接種者の行動制限などをすると

 

多くの店がそれに従い強制接種のような方向

へ持って行くことは簡単に予測できます

 

日本と言う国はメディアを信じている人が

世界で最も多い先進国でして

 

とにかく報道で語られたことはそれが白でも

黒と言って国民を誘導出来る珍しい国なのです

 (メモ)20代のインターネット平均接触時間は、TV平均接触時間 ...

 

ぼくのまわりの一部はインフルエンザはおろか

コロナワクチンは絶対に打たないと言います

 

ところが日本の75%はワクチン接種を望んで

いるという統計も出ているのは事実なのです

 

ぼくからすると本気の本気でなぜワクチンを

望んでいるのか理解出来ないのです

 

 

先日はだしのゲンというスペシャルドラマを

YOUTUBEで妻と見ました

 

はだしのゲン自体以前から読みたかった漫画

だったのでドラマが見れたのは良かったです

 

はだしのゲンは広島原爆の描写がグロテスク

だとかそっちのほうがクローズアップされます

 

実際ぼくもそういう印象だったのですがドラマ

はゲンの父が反戦を訴え非国民扱いされます

 

今世の中コロナ禍でマスク警察などが問題と

なって非国民扱いされています

 

当時は戦争によって無駄な命が失われることを

唱えた瞬間捉えられ拷問を受け改心されます

 

今は流石に拷問などありませんが変わりに

大衆が公開私刑を行います

 

今の疫病に対し異を唱えようものなら近所

から弾かれ家に物を投げれらたりもします

 

戦時中は反戦を訴えると投石され近所から

つまはじきにあい子供はいじめられます

 

日本は戦後70年経ってもそのイデオロギー

は何一つ変わっていないのです

 

ぼくと妻ははだしのゲンを鑑賞しながら

お互い今のコロナ禍とだぶらせました

 

そして何とも言えない気分になりもしぼくが

戦時中生きていたならゲンの家族みたいに

 

近所から非国民と言われ石を投げつけられ

ることは間違いないだろうと思いました

 

対戦国のアメリカは戦争から生きて帰ると

英雄となり戦闘機が被弾したら脱出します

 

逃げて帰ることは決して恥ではなく生きて

帰ることこそ国民の本望だったのです

 

それなのに若き兵隊は特攻などと言う愚かな

行為が国民たるものの使命と洗脳され

 

総国民が戦争賛美をするという狂気の世界

だったのが戦時中の日本だったわけです

 

当時の日本を振り返り愚かな過ちだったと

気が付く人は少なくないはずです

 

ではなぜその過ちに気が付く人が今の怪しい

疫病に対して違和感を持たないのでしょう

 

いい加減目覚めるべきです

 

権力者の道具であるメディアを信じ真実を

自分で見ない限り永遠に騙され続けます

 

マスクを着けてるウチは洒落で済みますが

異物を体内に入れたり消費税という

 

ペナルティをどんどん増やされるような

実害にいい加減気が付きませんか?

「女王の教室」「独裁の国家」 - 円ジョイと師匠の独り言

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.