ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

トランプの資金管理団体が新党立ち上げ

バイデンはトランプがアメリカ電力網へ
CCPが関与することを禁止したのに

 

初日に撤回するという暴挙に出ました

 

これはアメリカだけの問題ではなく

日本の安全保障におおいにに関係していて

 

世界中に電線を張り巡らしみんなで
クリーンエネルギーによって作られた
電気を使おうという構想でして

 

世界各地に発電所を作り各国に電気を供給
するという壮大なものとなっています

 

そしてこの電線を張り巡らすインフラはUHV
という規格に準ずるのですが

 

実はUHVの最先端技術は中国なのです

 

今はまだ世界標準にはなっていませんが

やがては世界標準にし全てのインフラを
握りたいという願望が中国にはあります

 

現在中国はフィリピンに電気を送っていて
ぶっちゃけいつでも止めることができます

 

もし中国がその気になればフィリピンの80%
ほどの電力をストップすることができます

 

もし止められると復旧に1日2日はかかり

その間は電気が使えません

 

現実問題としてフィリピンのように電気

インフラを中国に握られた場合

 

日本でも同様のことが起こります

 

よって今の日本では世界送電網構想は進めて
いませんが孫さんはやる気満々だったりします

 

トランプさんはこれに気づき禁止していた

のにバイデンは初日に撤回署名しました

 

有事の時は送電網を遮断するだけで終了します

 

バイデンとCCPはずぶずぶ(息子が金を貰って

いる)なので当然の撤回措置だと思います

 

それとスマートグリッド構想においては
AIが電気の消費を効率よくするという

 

聞こえの良いものですが仮に国家をまたぐ場合

 

中国とぼくらのウチの電化製品が

インターネットで繋がることとなります

 

今は電気べったりの生活ですから
ぼくらがいつどこで何をしているか?

 

全てはサーバーにログが残ります

 

それは思想からそれに伴う行動まで
掌握されてしまうということで

 

ディストピアの始まりとなります

 

現にCCPのやり方を考えればあながち
妄想とも思えない恐ろしさがあります

 

バイデン政権になったときDS+CCPの
管理下に敷かれることはわかっていて

 

だからこそのトランプさんでした

 

20日の就任式の前にトランプさんは

近々なんらかの形で戻ってくると言い残し

 

フロリダへ向かいましたが24日に新党である

「愛国党」が資金団体により立ち上がりました

 

トランプさん自体は関与を否定しているらしく

他の形での復活が期待されます

 

彼は民主党のみならず共和党にもトラップや

脅しに屈した議員が沢山いるので

 

選挙後の様々な芝居で炙り出した結果

今のアメリカがあまりに腐敗してるので

 

本来のアメリカを取り戻すべく新しい

党を立ち上げる作戦に変えたのでしょう

 

DS+CCPは邪魔者トランプを追放した

と油断しダメ押しで弾劾裁判を画策して

 

子飼いのメディアで言いたい放題ですが

 

任期中の4年間ずっといじめられてきた彼の

メンタルは並みじゃありません

 

これから少しずつ不整合な事実が出てきます

(というかもう出ている)

 

多くの人がドラマを経験することになると

思いますが今は妄想癖とでもバカとでも

 

色々言われてもトランプが受けたいじめに

較べたら小さなものです

 

トランプを特に応援しているわけでもない

のですが一方的ないじめには同意できません

 速報】トランプ前大統領起つ!「愛国党」を設立/FEC(連邦選挙委員会)に文書を提出 | ららら♪-KinKi Kids-forever-のBlog♪

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.