ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

なぜ大手メディアは真実を報道しないのか?

昨日のブログでも話した通りですが

baouthereal.hatenablog.com

 

大統領選は軍事的に勝てないアメリカに

 

武器を使わないでアメリカを支配しよう

とする中国共産党の戦略の一部です

 

 

彼らの戦略はアメリカに居る共産主義者により

メディア・教育・エンタメをもって

長い時間をかけてコントロールされてきました

 

まずは政治家をコントロールします

そしてメディアをコントロールします

 

中共はすでに多額の資金を投入済みで

長年かけてマスコミをコントロールしました

 

例えば日本人が信用する「専門家」が

 

中国のパンデミック対応は大成功した

というふうにテレビで話しています

 

ニューヨークタイムスなどの大手メディアは

完全に中共にコントロールされています

 

アメリカメディアは中共の発表通りに

事実として報道します

 

どこかの国のメディア機関と似ています

 

火消しの記事が日本でも乱立していますが

「バイデン大統領確定」と言っている記事は

 

憲法上不正確な願望であって信用なりません

 

 

また教育ではカリキュラムの変更により

社会主義の思想を教えています

 

その成果もあり今のアメリカで若者の
多くは社会主義共産主義を望んでいます

 

当然バイデン支持で反トランプです

 

今若者に中国天安門のイメージを聞くと

とってもきれいなイメージと返ってきます

 

ぼくが中国に居た時もネットではお花の咲いた

きれいな天安門の画像しか見れませんでした

 

f:id:baouthereal:20201207042433p:plain

実際の天安門事件

 

 

中国共産党の外交戦略に姉妹都市

というものが存在します

 

姉妹都市とは文化と経済の友好ですが
これにはしっかりとヒモが付いています

 

姉妹都市とは一つの中国政策を
受け入れること

 

例えば台湾は中国の一部であるという
政策を受け入れることです

 

台湾は中国の一部ではなく歴史的に
一度も中国の一部になったことはありません

 

それにも関わらず中国はプロパガンダとして

台湾は中国の一地方だと国際社会に言います


そのための手法のひとつに姉妹都市があります

 

中国と東京は姉妹都市
中国とNYCも姉妹都市ですから

 

少なくとも表向きは台湾は中国の一部だと
受け入れているわけです

 

さらに中国が政治的にアメリカを

コントロールする手法がパンダ外交です


例えばアメリカ大統領選に関係して
ジョージア州がやけに中国と近いのですが

 

その証としてアトランタの動物園には
パンダが送られています

 

中国は世界中にパンダを送っているのですが
全ては意味があり送られています

 

また外交ツールのパンダは無料ではありません


一頭につき年間一億円で赤ちゃんが産まれたら

一頭につき4000万円払っています

 

日本も東京・和歌山・兵庫の三か所があります

 

それらはパンダを貸し付けている場所との

貿易のバーターとして使われています

 

そして香香が年末に中国に返還されますが

 

香香は日本生まれのパンダの子供なのに


なぜ返還されるのか?

 

これも中国の外交の武器に使われていてなぜ

今返還なのか思惑ははっきりとはしませんが

 

理由があっての返還要請は明らかです

 

恐らく殆どの国民はパンダが中国との

外交ツールに使われているは知らないはずです

 

中国共産党はなかなかの脅威であり

アメリカに代わり世界の覇権を狙っているのは

 

多方面の精力的な動きを見ていても間違いなく

 

アメリカが日本の媚中派

名指しで非難したのは

 

やはり危険を覚えた末のことだと推測できます

 

f:id:baouthereal:20201207044712p:plain

習主席に安倍総理の親書を渡す媚中派二階氏

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.