ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

新型コロナワクチンのよもやま話

コロナウイルスの治療法に対して
米国は意見が真っ二つに分かれています

 

マラリア薬で十分だとするトランプ支持派と
それは危険だからやめるべきだと反対する

 

反トランプとの戦いでもある
という側面があります

 

この抗マラリヤ薬に関してなのですが


最初に「これは良薬である」と言っていたのは
アメリカ食品医薬品局FDAです

 

そして、今年の3月28日の段階で
コロナの入院患者を対象に

 

この製薬会社からへ無償供給された
マラリア薬の2つの薬について

 

緊急使用許可を出したというところが

そもそものスタートなのですが

 

日刊工業新聞4月14日付のニュース見ますと

 

この抗マラリヤ薬の調査を全世界30ヶ国の

医師6200人を対象にアンケートを実施

 

その際この抗マラリヤ薬は15個ある選択肢の

中で最も効果的な治療法として選択されます

 

そして世界中の人に効果があるという報道も

されております

 

日本も全く同じような症例が出ていまして

 

江戸川区にある江戸川病院というところが
実験をすでにしています

 

実際にぼくも論文を読んだんですけど
非常に興味深い実験結果でありました

 

当院で抗マラリヤ薬を使って、
治療を行った30名の患者において

 

24名、つまり80%は第5病日までに

症状の軽快が見られたと言ってます

 

また重症重篤患者の合計9名のうち
一人は亡くなってしまったのですが

 

他の8名89%の重篤患者は症状が良くなり


平均15.8日で退院ができたというデータも

出てきています

 

さすが抗マラリア薬という風に思った次第です

 

この抗マラリヤ薬はもう開発されてから
60年以上経っております

 

世界中で使用されて安くてかつ低容量

短期間での副作用は極めて稀です

 

実際に3月にトランプ大統領自身も

この新型コロナ予防するために

 

マラリア薬を服用してると発表されています

 

実際に3月21日には出てこれも画期的な薬
であるという風にトランプ氏はアピール



ところが3月終わりぐらいから

アメリカメディアで沢山の異論やそれは

危険だ!という意見が出てきました

 

トランプはわけの分からないことを言ってると
左翼メディアが言うようになっていきました

 

何を根拠に言ってるんだろうな?
という風に思っていたのですが

 

トランプが抗マラリヤ薬を使ってるので
トランプが使っている=この薬はダメだ

 

という風に段々と世論を形成していこうと

してるような動きをしているんだろうなと

 

思っておりました

 

そうしたら自分たちが抗マラリア薬を
使っていいよって言ったはずの


アメリカ食品医薬品局FDAが6月15日に

新コロの治療薬で使用許可を出していた

 

マラリア薬の使用許可を取り消すという
発表をいきなり出しました

 

その後ニューズウィークやオックスフォード

大学等有名メディアや大学からも

 

マラリヤ薬はコロナに効かない危険だ!

という発表が次々と出てきました

 

3月の時点で有効性があると認められていた

はずなのにいきなり危険なものだとされます

 

それは自分たちで作ったワクチンでボロ儲け
したいからだと思います

 

オックスフォード大学については


イギリスの大手製薬会社アストラゼネカ社と
一緒にワクチンを研究して売ろうとしています

 

ということはある意味これは商売敵です
(抗マラリヤ薬は安いですから…)

 

マラリヤ薬で世界中の人が治ってしまったら
高額ワクチンを売りつけることができません

 

これがトランプをハメた製薬利権の正体です

トランプ氏「抗マラリア薬を毎日服用」 - YouTube

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.