ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

RCEPで日本は中国に喰われる

中国という国は自分に有利な約束だけ守るので

中国とはどんな協定も条約も結んではだめです

 

11月15日に15カ国がRCEPに署名

 

その中にオーストラリアも入っていました

 

2日後中国はオーストラリアにワインや

石炭で200%以上の関税をかけました

 

その大義としてはオーストラリアがコロナの

発生源(中国)を追求するという理由からです

 

RCEPを署名をした2日後にWTO違反の

行為に踏み切ったわけです

 

もともと中国政府にはすべてにおいてルールを

守るという概念が存在しません

 

著作権も同様で守る必要もないとすら

考えています

 

幸いにもRCEPは2年間以内に国会を

通過しなければいけないという規定があって

 

正式には発効されてないので2年間のうちに

ぼくらはRCEP反対ということを

 

SNSなどで発信して阻止すべきです

 

もしRCEPに日本が加入したら日本だけが

ルールを守り中国は守らなかったり

 

守っても中国に都合の良いようにやられます

 

こういう背景からインドは

加入しないと言いました

 

中国の日本の政治界に対する

影響力は高いのですが

 

日本の中国の政治家への影響力は

全くといっていいほどありません

 

中国は不況のため低賃金で作るモノが

日本に沢山入ってきます

 

そうすると日本企業は潰れて

その企業の技術は買われます

 

低賃金で中国と張り合うことになれば

安い移民を入れろとなってきますが

 

日本人の失業者はますます増えて

社会は混乱し治安も悪くなります

 

 

トランプの場合国内の規制緩和法人税減税

 

中国製の輸入品に高い関税をかけ国内生産者を

優遇する仕組みを作ったため雇用が増えて

 

50年来最低の失業率を達成しさらには

経済成長も3~4%となりました

 

オバマでなく北朝鮮の核脅威も止めた

トランプこそノーベル平和賞でしょう

 

今は土地始め日本中の資源が買い占められ

政府はどうぞどうぞの大盤振る舞いです

 

もし日本がFTAみたいなものを結ぶなら

相手は中国でなく台湾です

 

台湾のアプローチを頑なに政府が蹴るのは

中国に対する遠慮ではないでしょうか

 

政治家は共産党に首輪を付けられています

 

RCEP参加は積極的な国民の反対で

絶対に止めるべきです

 f:id:baouthereal:20201220082207p:plain

国会承認がなければ発効できません

 

山本太郎が全国を廻り演説するのは

出来もしない事を話すためではなく

 

国民一人一人が意識を持って国政に参加して

自分達の生活を向上しようよと演説してます

 

山本太郎が何かをしてくれるのではなく

 

国民が自分達で国を良くしようと

意識を向けるのです

 

アメリカの国民を見ていてつくづく感じます

 

日本人はなぜ自分の生活が困窮していても

政治に無関心でいられるのだろうか?

 

国を変えるのは政治家でなく自分たち国民が

主役なのだとなぜ気が付かないのだろう?

TPP反対」は耳にするものの、「RCEP反対」は聞こえてこない不思議な状況 - 井戸端会議・瓦版

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.