ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

意外と知らないお金のはなし

お札にも書いてある日本銀行

 

日本で唯一紙幣を発行できるのが

日本銀行と呼ばれるところです

 

日本銀行というと政府の機関のようですが

東証JASDAQにも上場しています

株券 【日本銀行】 | 金融商品の標本室

 

内訳は日本政府が55%

残りは民間ですがこちらは非公開です

 

なかなかのセレブが保有しているのか

はたまたグローバリストなのか?

 

株主らが自分の利益を出すために

意思決定がなされていても

 

ぼくたちは知る術がありません

 

また日銀は国営でなく独立法人です

 

日本銀行松方正義という当時の

財務大臣が創設しました

 

西南戦争のおり大量の交換できない

政府の紙幣などが発行されたため

 

インフレが発生したそうです

 

これに対する策として正貨兌換の

銀行券を刷れる中央銀行を創立

 

これをもって通貨価値の安定と

日銀を中核として銀行制度の整備として

 

日本銀行条例が制定されました

 

実は松方氏はフランス財相に指導を受け

中央銀行(日銀)設立のノウハウを学びます

 

再来年に刷新される1万円の渋沢栄一ですが

彼もフランスで金融業や銀行業を学びます

 

その学んだ人のボスが銀行家である

アルフォンス・ド・ロスチャイルドです

 

因みに彼はフランスロスチャイルド家

総帥になります

 

ロスチャイルド家は世界の富の8割を

持っている人達の最大勢力でもあります

 

こう考えると世界中の中央銀行は一部の

権力層に全てを握られているのも納得です

 

日銀もですがFRBも謎だらけです

 

FRB基軸通貨ドルの増減できる

世界経済の中核を担う銀行です

 

FRBも株主は非公開ですが

 

JPモルガン・ロスチャイルド・そして

アメリカのロックフェラーなど

 

グローバリストらが名を連ねています

 

よってFRBという国際経済の基軸が

実は100%民間銀行で権力者らの

意向を聞かなければいけないのです

 

ほんの0.1%の権力者らが世界中の

富を寡占しているという構図となります

 

紙幣は元々ロンドンのゴールドスミスが

発行した約束手形が起源と言われています

 

昔は金や銀でモノなど交換していたのですが

 

ゴールドスミスが定められた純度で延べ棒を

作りそれが商人同士でお金になりました

 

ただ量が増えるとかさばり不便なので

ゴールドスミスは金庫に金銀を預かり

 

約束手形を商人に手渡しました

 

この後約手乱発によるぼろ儲け発覚し

ゴールドスミスは死刑になるのですが

 

今の銀行制度はしっかり引き継がれて

いて融資額は実際に紙幣が動いていなく

 

ただの数字の記帳に過ぎません

 

銀行というところはそういうところで

実際に現金が眠っているわけでもなく

 

信用によって成り立っている商売です

 

なのでぼくらが一斉に取り付け騒ぎ

おこしたら銀行は破産するのです

 

なんだか不思議な話ですよね?

お金 イラスト素材 [ 922411 ] - フォトライブラリー photolibrary

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.