ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

種苗法というものを知ろう

f:id:baouthereal:20200525054151j:plain

 

上のイラスト(作成者様ありがとうございます)

にもありますが、だいたいよく出来ています

 

今日はこれだけで終わりにしょうかと思いました

 

 

おまけと言っちゃなんですが

昨日ブログに書いた

 

種苗法改正案について

よく知らないという人のため

 

簡単に説明をします

f:id:baouthereal:20200513075012j:plain

 

まず知ってもらいたいのは

農業強化力支援法と種苗法改正法はセットです

 

国はシャインマスカットやサクランボ

そしてイチゴなどの優良品種が

 

海外に持ち出されないように

今回の種苗法を改正すると言っています

 

 

でもそれなら現行の法律で十分でして

 

海外でしっかり登録しておけば問題

無いことで発言に整合性がとれておりません

 

F1種という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

今風にいうとハイブリッド種です

 

競馬で優秀な馬はハイブリッド種ですよね?

あんな感じでしょうか?

 

要するにいいとこどりの種子です

 

こういうのを「知的財産」のように

国が管理していたわけですが

 

それを企業(外資含む)に開示しよう

というのが今回の種苗法(種子法)の意図です

 

これによってなにが起きてくるか?

 

例えばですが、とちおとめに近い品種を

別の企業が開発した場合

 

沢山ある種子データから判断するのは

農水省の人たちそして決定は大臣

 

今回のオンライン10万円騒動みたいな

人海戦術となります

 

そして経産省農水省にビジネス寄り

な話を持ち掛けている今

 

企業が裁判をしやすい状況を作っていて

 

ゆくゆく種の「知的財産権」をめぐる

裁判となる可能性は大です

 

現に海外ではそういう事例が出ており

 

高額な罰金や禁固

 

そして裁判などとなってくると

 

企業から種を買う農家さんが増えてきて

 

結果日本の種は確実に減ってゆきます

 

そうすると国から安く買っていた種子を

企業の言いなりの価格で買うことにより

仕入れコストが上がり作物の価格にも影響します

 

そして種苗法改正になると

 

作物とその加工品にも企業が口出し出来る

ようになるため

 

例えばコメの場合

日本酒や米菓などにも

すべて値上がりが予想されます

 

数十年したら輸入に頼る日本は

自給の作物まで冒されます

 

 

そして指定の品目がとんでもなく

増えていて400種に迫る勢いです

 

農水省は今後日本の「知的財産」を

売りにすると言っています

 

そして山本太郎氏も演説で訴えている

ゲノム編集ですが

 

これはF1から遺伝子組み換え

につぐ最新技術となります

 

EUでは猛反対ですが

アメリカは賛成しており

(米企業が多いので)

 

それに追従するように日本も

ゲノム編集を推奨しております

 

とても危険な要素が絡んでいて

ぼくらの食生活に大きく影響します

 

簡単にいうと日本は今後ゲノム編集という

未知の作物のモルモットとなります

 

これを聞いても柴咲コウさんをdisる

人は頭にウジ湧いちゃっていますね

 

 

 

あ! 未知の??

 

どこかで聞いたことがあるフレーズです

 

未知のウイルス

そうですコロナウイルスです

 

因みに未知のウイルスと言っているのは

メディアだけです

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.