ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

とうとう種苗法改正案可決!

あまりメディアで大きく扱われていない

ようですがとうとう種苗法改正案が衆院可決

 

しかも満場一致だそうです

 

シャインマスカットやサクランボやイチゴ等

優良品種が海外へ持ち出されないように

 

という理由だそうです

 

ネット上には嫌韓派が住んでいるようで

日本の品種が韓国でパクられた!と

 

大騒ぎしているようで

概ね今回の改正案には賛成のようです

 

ところがわざわざ改正しなくても

それを危惧しているなら現行法で十分です

 

それに海外でも登録しおけばいいだけの話で

なぜわざわざ改正したのかわかりません

 

ちなみに農業強化力支援法という下地があり

 

種子法改正となったわけですが

これが問題だらけです

 

分かりやすくいうと例えば

 

「政府は遠くで見守っているので

自力で頑張りなさい」

 

というように農家を突き放しています

 

とにかく規制緩和という新自由主義をもとに

作られた法律なのは明白でして

 

種苗法に関しても

 

自治体が囲っているものを民間に出しなさい

 

種子法は規制緩和して民間を参入させなさい

 

ととにかくグロバール企業に有利になるよう

コロナ禍のどさくさで法案が可決されています

 

F1種というハイブリッド種があります

 

寒さに強いとか害虫に強いとか

優秀な遺伝子を掛け合わせた種です

 

今まで知的財産みたいに国がF1種を

管理していました

 

法が改正されると国が管理していた

優秀な種を海外企業らに開示義務がでます

 

仮に佐藤錦に近い品種を別の企業が

開発していたとしたら知的財産をめぐり

裁判が行われます

 

そのため農水省の人達が沢山の

種子データで判断し

 

その決定は農水大臣が行います

 

その判断方法ですがなんと農水省の人が

人海戦術でデータを見続けるわけです

 

そして似たような種子データの場合

知的財産の侵害をめぐり裁判で争います

 

 

海外ではすでにそういう事例があり

国によっては高額な罰金や禁固です

 

そういう裁判などが一般化してくると

 

面倒は避け企業から種を買う農家さんが

増えることで日本の優秀な種は確実に減ります

 

 

 

 

今まで国から安く買えていた種子を

 

裁判リスクの回避策で

今後は企業の言い値で買うこととなり

 

結果仕入れコストの上昇がそのまま作物の

価格に影響してきます

 

 

さらに種苗法が改正されると

 

作物とその加工品にも企業が口出し出来る

ようになります

 

例えば米を例にとると

 

日本酒やせんべいなどの米菓の価格にも

影響出てくるということです

 

数十年したら輸入に頼っている日本は

自給の作物まで冒されます

 

なんといっても農水省は日本の知的財産を

ウリにすると公言しています

 

 

 

そしてF1より新しい技術がゲノム編集です

 

ゲノム編集はアメリカ企業が多く

賛成多数ですがEUは猛反対されています

 

アメリカ属国の日本はもちろん大賛成

 

ところがこのゲノム編集はとっても危険で

しかもぼくらの食生活に大きく影響します

 

わかりやすくいうと日本は今後ゲノム編集

という未知の作物のモルモットとなります

 

ゲノム編集は別の機会に話します

 

以上のように種を韓国にパクられないから

いい法律だとはならないのです

 

種苗法参院選で可決されなければ廃案に

持ち込めます

 

だが残念なことにメディアはコロナ祭りで

国民の関心をそこから遠ざけます

 

ひとりでも多くの人に種苗法改正を

知ってもらい

 

SNSで種苗法改正反対と拡散しまくって

 

トレンドにのせてほしいと思っています

f:id:baouthereal:20201119103739p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.