ラックんの日記

ラックんの日記

もうなにやってもあかんわ ~ のノーサイド


岡崎体育 『なにをやってもあかんわ』 Music Video

 

 

これ先日1/9に発売された

サードアルバムSAITAMAに

収録されたナンバーです

 

ロキノン系のバックに乗せた

軽快なロックサウンドですが

 

打ち込みがメインの体育くん

の多彩な音楽センスの引き出し

を感じる作品です

 

昨日も横浜の赤レンガ倉庫で

エビ中と共演してました

 

ぼくは土日の混雑が嫌いなのと

天気もよくなかったので

行きませんでしたけど草

 

 

 

ここで速報ですが

 

最近ゴーンさんどうしているのかな?

と今朝思っていたら初公判前の

二回目整理手続きがありました

 

 

 

ゴーンさんはリストラや

独裁化によって側近に

寝首をかかれることを

想定していなかったのが

今回の敗因だと思います

 

真相は闇の中ですが世界を

支配しているロスチャイルド家

がらみなんてお話も出ていますね

 

この辺の雲の上のお話になると

ぼくにはまだまだ勉強不足で

理解できません

 

ただゴーンさんは孤高の人などではなく

 

一使い走りくらいに扱っている人達が

居るということは想像に難しくないです

 

 

 

 

 

ところで今日お話ししたかったのは

昨日日曜ドラマの集団左遷

とうとう最終回を迎えました

 

実はぼく福山ファンなので

FM東京の福のラジオで

ましゃが番宣していたのを

聴いて録画しました

 

原作は江波戸哲夫という人で

池井戸にちょっと発音が似ています

 

もともとは銀行支店長という小説

らしいですが、残念!

 

池井戸ファンのぼくでも江波戸哲夫は

ノーマークでした

 

原作は未読なのですが、恐らくもう少し

リアルに描かれていると思います

 

なぜなら池井戸作品もそうなのですが

今回も大団円に終わりまして

 

日曜のパパの明日への活力のほかに

 

女性向けに日曜枠で10倍返しの

二匹目のどじょう

狙おうとしているのがわかります

 

ところがそうは問屋が卸しません

 

陸王の時は竹内涼真君が出て女性視聴者

が沢山増えましたが

 

それと同じことを

福山でやろうとしたのが外的要因

いろいろずっこけちゃった

 

こんなところでしょうか?

 

ドラマ版集団左遷は勧善懲悪を

描いた作品でした

 

TBSは確か水戸黄門シリーズで

成功していたと記憶しています

 

こういうのは本当に得意ですね

 

次回はノーサイドゲームという

池井戸新作書下ろしのドラマですが

これも同じパターンと推測できます

 

原作読んでいるとドラマがお花畑脳

なのが浮いちゃって浮いちゃって

 

なので、池井戸ファンとしては

ノーサイドゲームが始まる前に

原作を読了しようと今日から読んでます

 

小説自体は自分のビジネスに置き換えて

勉強できるフレーズも出てきます

 

まだ2章目ですが、う~ん・・・

 

原作の君嶋が大泉洋だと思うのですが

君嶋は結構優秀ですよ

 

平たくいうとエリートって感じですが

これ大泉だとキャラ負けしてない?

 

ドラマだから楽しきゃいいのかな?

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.