ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

令和元年メーデーはいずこへ?

家は北東向きなので夏は本当に涼しいです

 

だいたい夏場はエアコンをつけず窓を開けて

過ごしていますがその分冬は寒いです

 

(寒いと言ってもエアコンとコタツ

行けます、床暖は高いので却下)

 

ちなみに今年は一向に暖かくならない

ので我が家ではいまだにコタツをつけています

 

なので、まさか今日外が暖かいとは

思っていなかったので外に出た時に

暖かく、しまったと思いつつ

 

パーカーを脱ぎTシャツになりました

 

近所のバーミヤンでは調子にのって

頼みすぎました

 

二人で3000円超えてしまいました

バーミヤンで客単1500円は結構

食べ過ぎだとご理解いただけると思います

 

それでちょっと食べすぎたので今日は

船堀にある江戸川競艇場まで行ってきました

 

ゴールデンウィークは定番の海外旅行

それから国内旅行、帰省のほか

 

レジャー施設・近所のアミューズメント施設

ショッピングセンターあたりが定番の

行動パターンになるかと思います

 

だからどこに行っても人が多く

飯以外は家に居ようとTSUTAYAが混む

わけですが

 

妻が家に居るのがストレスの

ようで昨日悲鳴をあげておりました

 

ぼくは、独りで時間をつぶすのは全然

問題ないのでそういうストレスがない

のですが

 

妻はこれと言った一人遊びを

今は持っていないので耐えられないの

でしょう

 

例えば。。。

 

読書したり

映画観たり

漫画読んだり

ゲームしたり

プラモ作ったり

料理したり

おならしたり...

 

などなど一人でやることは

いろいろありそうですが

 

これと言ってハマれるものが

無いようです

 

 

ところで今日は令和元年ですが

先の話に戻るとさすがに皆さん

長期休暇を持て余しているようで

 

ちょうどいいイベントがあって

お金といえば交通費くらい

 

ということで皇居前は人人人

みたいですね

 

ぼくは平成元年のときは

ちょうど成人でしたが

 

あのころは昭和天皇崩御

されたので、今回のような

明るいムードはなく

 

厳粛なムードで執り行われた

記憶があります

 

町全体が喪に服した感じで

成人式の紅白ゲートが白黒

だったのは印象的です

 

当然成人式の催し物もなしで

街は静かなもんでした

 

今回は生前退位ということで

街はおめでたい雰囲気に包まれて

いるのが印象的で

 

平成の子たちは初めての行事に

興奮するのはもちろん

 

昭和の人達もお祭りムードなのは

とってもいい傾向だと思います

 

それにしても平成の明仁天皇

開かれた皇室を目指し

 

我々国民の目線で接していたのは

大変印象的で

 

昭和天皇の現人神のような荘厳なイメージはなく

 

ぼくのなかでの評価はもちろん

多くの国民の評価は低くないと

思います

 

明仁天皇以降民間人との婚姻が

一般的となり皇室が身近になりました

 

裕仁天皇に厳しい教育を受けてきた

人だというのが明仁天皇に見られます

 

明仁天皇は人として、そして日本の

象徴としてとても立派にご公務を

こなされました立派なお方ですから

きっと国民に愛されているのでしょう

 

その明仁天皇のもとで育ってこられた

徳仁天皇浩宮)ですからきっと令和は

すばらしいものとなると確信しております

f:id:baouthereal:20190501164715j:plain

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.