ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

洗脳が効かないこどもたち

今の高校は情報という科目があるらしいです

 

でもそれを教える免許を持つ教師がおらず現場

はどたばたで理数系教師が研修で取らされます

 

必履修科目なのに専門がいないというふうに

やっぱりこの国はデジタル後進国なのです

 

さらに情報は情報1と情報2に別れまして

プログラミングを学ばされるとのことです

 

またそれを既存の数学理科の単位数を

減らしてまでもやれというらしいです

 

そしてセンター試験に変わる新テストを5年後

に情報を受験生全員必修にしたのです

 

まだ情報1-2はやる内容も教科書も決まって

なく企業に即した内容をやるのでしょうか?

 

プログラミング言語もなにをやるか決まって

おらず現場は大迷惑しています

 

全ての学生がそうとは言いませんが今の高校は

休み時間となるとスマホを取り出し動画だとか

ゲームだSNSだというありさまだそうです

 

自分らの子供はもはや学校というところに

価値を求めていないのです

 

そして検索技術が進歩した弊害で考える力が

大変弱くなっているようなのです

 

生徒は昔に比べて自分の主義主張ばかり

通そうとする生徒が多くなりました

 

親も同様でモンスターペアレントが増え

平気で学校や教師の文句を電話してきます

 

今ゲームに熱中する学生が増えた理由として

 

国が貧しくなったため両親はフルタイムで

働くようになり両親がいないのが標準で


こどもはすることないからゲームをしますし
友達ともゲーム上で仲良くなります


1人の時もゲームしかしなくなることで
家で勉強しなくなります

 

スマホゲームはパチンコ同様中毒性があり

学生はおろか社会人でもハマっています

 

今の社会構造のなかで子供達はいい方向

に向かっている感じがしません

 

何度も言うように学校教育そのものが軍隊式で

国に従順に従う人間を育てるのが目的なので

 

学校自体がすべてだとぼくは思えませんが

 

今の子供達は従順に従うだけではなく

世の中のおかしなことにすごく敏感です

 

まだ情報が少なかった時代と違い今は

多くの知らなくて良いような事も知れます

 

情報のシャワーを小さいころから浴びていた

子供達に洗脳は効きづらくなっています

 

文科省はだまって納税する人形を作るのに必死

ですが今の子供達はとっくに見抜いています

 

本当に国力を強くするのなら子供達に上から

押し付けるのではなく

 

彼らが自ら考える力を伸ばすカリキュラムを

作るのが文科省の努めのはずでしょう

 

受験のためのステレオタイプな授業をする

限り子供は学校のせいにし学習を拒否します

 

人は興味のあることは熱心になります

 

モンテッソーリのような学習プログラムを

構築してゆくべきなんですが

 

エスタブリッシュメントは彼らが目覚め

ないよう狡猾に調教しています

 

なのでいつまでたっても世の中は彼らの

ご都合でしか回っていないですし

 

ぼくらはぶーぶーと不満を漏らすくらい

しか出来ない世の中なのですね

 

まずは気づくことと声を上げて国に

立ち向かうことだと思います

 

彼らは声をあげられるのを恐れています

 

ぼくたちが目覚めればきっと国は良くなるし

生活が向上することは間違いありません

 

f:id:baouthereal:20210307205357p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.