ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

全マスコミは小保方さんに謝罪せよ!

2014年のSTAP細胞騒動を

覚えていますか?

 

あの時理系女として一躍時の人となった

おぼちゃんこと小保方晴子さんですが

 

その後のバッシングでペテン師扱いされ

上司の笹井教授は自殺

 

マスコミが自分らの食い扶持のために

一人の女性を魔女狩りしました

 

この時に小保方さんは健気にも

目に涙を浮かべこう言いました

 

「STAP細胞はあります!」

 

f:id:baouthereal:20200901103200p:plain

マスコミの常套手段は良く知っているので

ぼくはあまりに彼女が不憫でしたよ

 

今でも小保方さんは世紀の大ウソつきで

 

STAP細胞は存在しないと思っている

人も少なくないことでしょう

 

STAP細胞というのはリンパ球の一種で

小保方さんは偶然それを見つけたのです

 

血球細胞は万能細胞の一種なので

変化を伴うわけです

 

小保方さんバッシングにより山中教授は

ips細胞でノーベル章を受章

 

安倍元首相は10年間で1100億円の

補助金とまで言いました

 

なので大衆はipsはOK

STAPは偽物となったのです

 

ところが話は簡単でなくips細胞は

 

作るときに四か所も遺伝子組み換えを

しています

 

さらに二種類の細胞増殖抑制酵素を破壊

 

山中教授の京大チームはips治療の

成功率は0.2%と公表しています

 

それでも一回の治療費は約2000万もします

 

ipsで安くだれでも再生治療が可能という

安倍元首相の公約は得意の嘘だったわけです

 

そして山中教授は小保方さんと同様の

論文捏造が発覚しているのにマスコミは沈黙

 

天罰が下ったのか眼球網膜の再生ips治療で

ガン化しました

 

京大チームはパニックになりましたが

マスコミはまたもや沈黙

 

2019年

ついには安倍政権がips細胞の研究助成の

打ち切りを決定しました

 

ご存知の方も多いでしょうが

 

2016年ハーバード大がSTAP細胞の

特許を出願しました

 

これにより世界各国で20年間の権利独占を

申請しました

 

この独占権の利権で1%民たちはまたも

ぼろ儲けしました

 

犠牲となったのは小保方さんでしたが

この一件で彼女の正当性は証明出来ました

 

このように金で飼われたマスメディアは

時に壮大な嘘を描きます

 

週刊ポストの9/11号にて

小林よしのり×中川淳一郎

 

「コロナ脳を感染拡大させた

テレビ局と専門家へ告ぐ」

 

というタイトルで対談しています

 

 

メディアは煽るのが得意です

 

大衆を一つのベクトルに向けるのに

とても都合がいいのです

 

世界を仕切っているスーパーリッチは

9割のメディアを牛耳っています

 

小保方さんのSTAP騒動で

彼女を嘘つきだと信じちゃった人ほど

 

今回のコロナ騒動に見事に乗せられ

ている様が目に浮かびます

 

こういう人々を小泉政権以降

B層と呼んでいます

あなたはB層?マーケティングで使えるB層ターゲット戦略 - 香取正博のブログ

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.