ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

マスメディアが報道しない裏で今なにが起きているのか?

新型コロナウイルスに関して

 

今アフリカではWHOとの

争いが起こっているのは知っていますか?

コロナな世界。マダガスカルが WHO 脱退表明! | Come on by! 英語 ...

 

知っている人は時間の無駄なので

速攻サイト移動しちゃってください

 

 

実はアフリカはマダガスカル産の

ハーブティーを飲むと

 

10日くらいでコロナが完治

するとのことで

 

マダガスカルの大統領が
アフリカ中に広めたい

 

貧しい人には無料で提供する

と言っているそうです 


また世界中の人々がマダガスカルに来たら
無料で提供するとも言っています

 

これに対しWHOは

WHOテドロス事務局長の辞任要求、署名102万人超え: 日本経済新聞

化学的エビデンスがとれていない

民間療法的なものは止めてくれ

 

と言っております

 

ところが

 

そのうちもしそのお茶を出すなら

 

2000万円出すから少し有害な成分も

混ぜてくれと依頼が来とのこと


要するにWHOはハーブのお茶を

どんどん配って治ってしまうのに
待ったをかけてきたわけです

 

それに対しマダガスカルの大統領は激怒


黒人蔑視ではないのか?!と最初は反応したが

 

冷静になって考えると2000万円で成分を
いじるという依頼はアフリカ人が死ぬことになる

 

ということでWHOを即刻脱退

 

近隣のアフリカ諸国にもWHOはヤバいと
警告を発した

 

さらにWHOが持ってくるワクチンは
摂取するなともいい


このお茶で十分だから

無償提供するからと言ってきた


普通はこれだけ聞くと

マダガスカルの大統領は頭大丈夫か?

と思いますよね


でも他のアフリカの国でも同様のことがあり
WHOの現地職員を追放したのです


タンザニアではWHOの抗体検査はあやしい
ということでパパイヤとヤギの抗体を送ったところ

 

なんとすべて陽性が出て

ワクチン打ってくれと言われました


一方ナイジェリアでは

国会議員がビルゲイツ財団から

 

コロナワクチン義務化を条件に

10億円献金を受けていた

 

というメガトン級スキャンダルがありました

*ググってもでないよ!


日本では信じられないですがアフリカでは
WHOに対し不信感を抱いていて次々と脱退
する流れのようです


WHOはビルゲイツ財団などの民間が
大スポンサーとなっていたり


事務局長が中国と癒着していたり


WHO内でも専門家が製薬会社からリベートを
受け取っていたり

 

なかなか香ばしい組織なわけです

 

ぼくら日本人はWHOの言うことを
素直に聴いておりますが

 

一方的に受取る情報ほど不確実なものは
ありません

 

今世界中が新型コロナウイルス
WHOを中心にまわらなくては
ならない時期なのに

 

日本のメディア
はそういうニュースを流さず

 

日本人を盲目にさせる行為は
国民の命をないがしろにしている
としか思えません

 

小池再選の暁にはいよいよ水道民営化

がやってきます

 

水道民営化の末路は以前話した通りです

 

また明日にでもお話します

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.