ラックんの日記

ラックんの日記

日本酒スペシャリスト

日本酒にハマって3か月

 

まだまだひよっ子で

 

威張れたものじゃないですが

 

先日始めた日本酒スペシャリストを

受講し試験し、満点でクリアしたので

 

認定証が届きました!

 

実際短期間だったのでどうかと思いましたが

 

年明けから振り返ると知識がしっかり

乗っかったのはまちがいありません

 

そしてそれを応用して語れるようになり

 

興味も持て、さらに探求しようという気に

なったのもまちがいありません

 

 

とりあえず日本酒スペシャリストという資格を

取りましたが

 

資格はあくまで資格だと思っています

 

ぼくこう見えてシューフィッターを指導する

上級シューフィッターの資格を所持していますが

 

実際毎日店頭でお客様の足に触れている人と

ぼくとでは雲泥の差があることは否めません

 

要するに資格というものが大事なのではなく

常に資格が錆びないように

 

努力を怠らない継続が大事ということです

 

そういう意味でぼくにとっての日本酒は

果てのない宇宙のようなもので

 

知れば知るほどもっと知りたくなり

面白くて時間を忘れ

他の事を一切やらず優先する事柄になりました

 

DTMも頓挫していますし

 

テレビは録画していますがほぼ見ていません

 

食事と歯磨きの時くらいです

 

 

そして今は「夏子の酒」という

日本酒のバイブルみたいな漫画を

読んでいます

 

これは僕が20歳くらいのころの漫画

 

農業問題やいわゆる三増酒

純米酒に水あめや化学調味料をまぜ

アルコールで3倍にのばした酒)

純米酒の対立など、たったの30年前なのに

 

今とは日本酒をめぐる事情がすごく違うな

というのがファーストインプレッション

 

因みに大手の酒造会社は75%は三増酒

作っていて収益をまかなっていると

(今は知りません)

 

そして、20歳当時は車ばかり乗っていたので

正直酒はあまり飲まなかった自分としては

 

夏子の酒を当時読んでいたらきっと今は

日本酒の神になっていたのではなんて妄想も

 

まあ物事の始まりに早い遅いはありませんが

これがぼくのタイミングだったのでしょう

 

作中では社会問題と酒造りが同時に描かれて

いますが

 

スペシャリストをとった今は酒造りに関しては

するっと入ってきます

 

何も知らないで読んでも丁寧に年間通して

酒蔵のやっていることが描かれているので

 

大変ためになる漫画です

 

流石にバイブルですね

 

それにしても資本の介入による

日本の一次産業を脅かす構図などは

 

はっきりいって現代もつながっており

漫画を読んでいるだけで息苦しくなります

f:id:baouthereal:20200320171711j:plain

 

まだ、作品としては半分までしか読破できて

いませんがかなりの名作で、ドラマ化されるのも

頷けます

 


夏子の酒第1話

 

ドラマは若い人は知らないと思いますが

当時ものすごく人気のあった

 

和久井映見

(フォジョウジンインジエン)

 

という女優が主人公の

夏子を演じていてつべでアップされています

 

※ちなみに麻雀強い萩原聖人と知り合い

この後結婚しています

 

今更ながらになんで当時この漫画に

手を出さなかったのか悔やまれるほど

珠玉の出来です

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.