ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

ブレグジット

とうとう1月31日に英国がEUを

離脱しました

 

本件に関してはぼくはそれほど詳しく

ないのでこれを機に少し勉強しましょう

 

ぼくが知っているのは英国がEUにより

外国船が自由に出入りできるようにしたので

 

ヨーロッパの他国船が大量に押し寄せたため

地元の漁師の殆どが廃業へと追い込まれた話

 

EUの管理となった英国の漁業権に対し

90%以上の地元漁師がEUのブレグジット

支持していたという話

 

ウィキペディアのよると

ブレグジットが中長期的に英国一人当たりの所得を

減少させる可能性が高いとのこと

 

またブレグジット欧州経済領域諸国から

自国への移民を減らすと予想されているらしい

f:id:baouthereal:20200201103612j:plain

ONS HPより

結構この問題は小さくないらしく

 

景気が良くない国の国民が自由に行き来出来る

EU諸国の中で比較的景気が良い英国に移民して

来るらしいのですが、これを英国民は快く思っていません

 

 

実はこういうのって日本で考えると

わかりやすくて今回英国欧州ということで

EPAの問題

 

テレビが政府の御用聞きだという

話は幾度かしておりますが

 

テレビでは大体こんな感じで

放送しております

 

EPAの恩恵を受けて英国の

食品とかワインチーズなども

関税無しで入るようになったので

 

日本人にとってすごくメリットがある

 

 

確かに消費者としてはメリット

しかありません

 

でも今回なぜ英国がブレグジット

したのかを考えて欲しいのです

 

英国は自国での自由が

EUであるがために制限されてしまって

 

国民の不満が蓄積していたということ

 

わが国でも消費者が喜ぶ裏で

酪農家などが泣いているのです

 

 

TPPは関税撤廃

EPAは一番低い関税率で

合意した国に他国が後から続き

 

ドンドン関税が下げられてゆきます

 

日本の政府はTPPもEPAも

ウェルカムですが

 

自国を守るスタンスではなく

ビジネスが筆頭に存在しております

 

英国が今回ブレグジットしたことは

国民の悲願であり国を愛するなら

当然なのだと思うのです

 

ですから安易に政府がこうだからって

感じでTPPやEPA発効に対し

テレビの持ち上げ放送を見て

 

「TPPやEPA万歳!」

 

なんて思っちゃダメなんです

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.