ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

マクドナルドを作った男

f:id:baouthereal:20191214151058j:plain



今日はAmazonプライムビデオで

ファウンダーという映画を観ました

 

マクドナルドの創業者

レイ・クロックは有名なので

みな知っていると思います

 

彼は52歳までミキサーの

セールスマンをしていました

 

ある日マクドナルド兄弟の

やっているハンバーガ

ショップの余りにシステマティック

なオペレーションに

 

これはビジネスになる

 

と思い全国チェーンに

してゆくというものですが

 

ぼくが以前読んだレイクロック

の話ははっきり言って美談でした

 

ところがこの映画に出てくる

レイ・クロックと

マクドナルド兄弟

 

この二組のバトルは筆舌に

しがたい醜い争いです

 

田舎で自分達の身の丈に合った

ビジネスをやっていた

マクドナルド兄弟は

 

レイクロックとの契約に

細かく制約を付けました

 

レイはだんだんそれを窮屈に

感じ始めます

 

なぜならば彼は野心家で

直感で感じた当時は革命的な

ファストフードシステムは

必ず当たると確信していたからです

 

ところが順風満帆に行っていると

思われたが資金ショートで銀行から

も最後通告を受ける始末

 

彼はハンバーガーで帝国は築けないと

教えられ、不動産業に乗り出します

 

今ではマクドナルドがハンバーガー屋で

なく不動産屋というのは誰もが知っている

有名なことですが

 

当時彼はマクドナルド兄弟とは

別の会社を作り不動産業ということで

フランチャイズの店を次々買い取り

 

その店をフランチャイジー

貸すことによって

収益を上げるようになり

莫大な資産を築きます

 

そして本には無かった下りですが

レイは資本主義において

 

いや

 

ビジネスにおいては食うか食われるか

ということでマクドナルド兄弟に

手切れ金を払い

 

マクドナルドの名前とファストフードの

システムを買い取ります

 

レイがなぜそこまでマクドナルドに

こだわったのか?

 

劇中彼はこう語っております

 

マクドナルドという名前は

いかにもアメリカらしい

美味しそうな響きがある」

 

この映画では田舎のハンバーガー店

オーナーとビジネスマンの目標の

置き方の違いをしっかりと

見せつけられました

 

彼は52歳で一大帝国を築けたのは執念だと

言っています

 

ぼくはもうすぐ51歳になりますが若いころ

レイクロックのお話を読んで

 

そしてカーネルサンダースのお話を読んで

 

人間は何歳になっても情熱の炎を消さなければ

何時だってやれるんだ

 

そう感じさせてもらったので

この歳になってもまだ自分に限界線を

引いていません

 

人間は死ぬ5秒前にどういう生き方を

したのか振り返ればいいのです

 

それまでは浮いたり沈んだり

その時に一喜一憂せず

 

地に足を付けて野心だけは捨てずに

生きてゆきたいです


映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.